乾燥ニキビは洗いすぎが原因。生理周期と洗顔・クレンジングに要注意

ニキビは10代だけでなく、20代30代になっても経験するメジャーな肌トラブルです。

ニキビができるきっかけは皮脂と古い角質で毛穴をふさいでしまうことですが、そもそもなぜ毛穴がふさがってしまうのかその理由は本当に様々で、原因を一つに特定することは難しいのです。

ニキビができてしまったときの日常生活での対応から、繰り返さないための予防方法をご紹介します。

【PR】
【ファンケル】大人ニキビを繰り返さない!!無添加アクネケア

もくじ

皮脂やアクネ菌はニキビの原因ではない

ニキビの原因としてアクネ菌や皮脂のせいではないかと言われてきましたが、乾燥肌の人でもニキビはできるし、そもそもアクネ菌は肌の常在菌で皮脂も毛穴から分泌されて肌を保湿している成分です。

アクネ菌を殺菌してしまうと肌表面のバランスが崩れてしまいますので毛穴の中で異常繁殖しない限りは大事な菌なのです。

大人にきびの直接的な原因は角質が厚くなること

ニキビは、毛穴の角質が分厚くなり出口がせまくなることからはじまります。

毛穴の出口が完全にふさがってしまうと中で分泌されている皮脂が出られなくなり、溜まって詰まりをおこしてしまい、皮脂を養分とするアクネ菌が過剰繁殖してニキビになります。

では、角質の変化がなぜ起こるかというと、肌の乾燥や男性ホルモン、アクネ菌が皮脂を分解して作る遊離脂肪酸などの原因物質が関係しあって起こるのです。

皮脂分泌や角質に影響を与えるのはホルモンのバランス

ニキビができる原因がわかったところで予防策としては、肌の適度な保湿や体内の免疫力を整えることと考えられますが、すでに出来てしまったニキビに対する対応はどうしたらいいのか理解するために、まずニキビの状態を知ることからはじめましょう。

ニキビのできはじめから炎症を起こし治まるまでの段階

ニキビはある日突然できたように見えますが、少しずつ段階を経て現れるのです。
すべてのニキビが同じ段階をたどるわけではありませんし、途中で自然と治るものもあります。

ただ、20代以降でできたニキビは跡が残ったり治りにくかったりするやっかいな存在であることは間違いありません。

ステップ1.毛穴出口の角質が厚くなる

毛穴の出口の角質が固く分厚くなり、出口がふさがれて中に皮脂が詰まり出す状態ですがこの段階では目に見える変化はありません。

ステップ2.白ニキビができる

毛穴に白い油分がぷっくりついているのが見える状態のことで一般にコメドと呼ばれています。

毛穴に常在するアクネ菌がたまった皮脂をエサに繁殖して炎症を起こすのですが、白ニキビの段階で治療すると跡が残ったりせずにきれいに治ります。

開放面疱(かいほうめんぽう)

毛穴の出口が少しばかり開いている状態の面疱で、表面の皮脂が酸化すると黒く変色して固まる黒ニキビになることがある。

閉鎖面疱(へいさめんぽう)

毛穴の出口が閉じてしまい、大きな炎症を起こしやすい状態。触ると大きな芯が感じらるようになり毛穴の内部で膿んだりすることがある。

ステップ3.炎症が起こり、赤ニキビになる

赤ニキビとは、アクネ菌がふさがった毛穴の中で増殖し、血液中の白血球が活発化してアクネ菌を攻撃しはじめる状態のことで表面からもはっきりとわかるようになります。

ステップ4.炎症が悪化して皮膚の深いところで膿を持つ

ブヨブヨとした膿を持ち始め毛穴の壁の部分が壊れ、周囲の細胞にかなりの炎症が飛び火しかなりの痛みを伴う状態です。
黄ニキビと呼ばれる状態で、真皮という肌の奥の部分にまで達しているため跡が残りやすくなっています。

黄ニキビをつぶしてしまうと、ほぼ確実に陥没したような跡残りをしてしまうので絶対につぶさないようにします。

ステップ5.一番悪化した状態は毛穴の中に膿と血が混じった紫ニキビ

紫ニキビになると、重度の症状なので皮膚科に行って切開をしたりステロイドを注射したりと積極的に医療行為を行うことになり、もはや自力で治すことは不可能です。

大きな傷跡を残さないためにも一刻も早く皮膚科を受診しなければなりません。

ステップ6.ニキビ跡ができる

炎症が静まったあと、ニキビ跡ができるかどうかは、最終的にニキビがステップ1から5までのどの段階まで進んだのかによって変わります。

ステップ3の赤ニキビ以降の状態になると跡が残りやすくなりますが、よっぽどひどい状態まで炎症させなければ陥没として残るまではにはいたりません。

クレンジングと洗顔は洗いすぎるとニキビが悪化する

ニキビができはじめると気になって1日に何度も洗いすぎてしまう人がいますが、肌は洗顔2時間後には皮脂の量が元に戻ります。

皮脂を取り除きすぎることで余計に皮脂が分泌されて毛穴が詰まりやすくなるという悪循環が生まれますし、油分を取り乾燥する時間が増えるほど角質が固く分厚くなるので、ニキビができても洗顔は朝晩の2回にとどめておきます。

おすすめの洗顔とクレンジング

洗顔を行うときはニキビ専用フォームなどよりも、固形石鹸がおすすめです。

ニキビ用の洗顔フォームなどは落とす力が強力なので思春期ニキビ用といえますし刺激も強いものが多いのです。

洗浄力がマイルドな固形石鹸をたっぷり泡立てて、指先に力をいれずにやさしく洗います。100円ショップにあるような泡立てネットを使えば固形石鹸でもきめ細かい泡を作り出すことができます。

メイクを落とすときは通常どおりクレンジングを使いますが、オイルクレンジングなどの洗浄力が強すぎるタイプや、拭き取りシートなどの使用は避けます。

オイルクレンジングは界面活性剤の濃度が濃いので、20歳を過ぎた肌にはニキビのあるなしに関係なく使わないようにします。
拭き取りシートタイプは、肌に対して摩擦による負担が最も大きく、ダメージをうけやすいので使用は避けます。

大人の肌には、力を入れなくても落ちやすくて界面活性剤の濃度が薄いミルクタイプや、クレイタイプのクレンジングがおすすめです。

生理前の時期にはニキビ予防としてピーリング石鹸を使う

女性は生理前、生理中、生理後、と期間によって活発に働くホルモンが変化しますが、生理前は特に黄体ホルモンが活発に分泌されて皮脂が増えたり、男性ホルモンが角質を硬くしたりします。

生理前の時期には古い角質をやさしくはがし毛穴を詰まらせないように予防することが大切です。
角質をはがし取るのにぴったりなのがピーリングという方法です。

一番身近なピーリングは温泉のアルカリ成分で角質を溶かす方法ですが、温泉まで行かなくてもピーリング石鹸を使ったり、皮膚科で治療を受けたりすることができます。

手軽さでいえば自宅でできるピーリングですが、拭き取り式のピーリングや、濃度が濃い薬剤は肌にかかる負担が大きいので石鹸で行う方法をおすすめします。

代表的なピーリング成分はAHAと呼ばれグリコール酸、乳酸、フルーツ酸などの総称で、石鹸だけでなくパックや美容液などいろいろな化粧品にも配合されています。

AHAが配合されたピーリング石鹸は刺激がマイルドで皮膚科で使われる薬剤より濃度が低く、泡立てて洗顔するだけでピーリングすることができます。

週に1,2度から使用を始めるといいですが、肌が弱い方はニキビができやすい時期に限って使用すると肌を傷めることがありません。

ピーリングをすると肌表面が一段と薄くなりますので、刺激を感じやすい人は敏感肌用の基礎化粧品を使いましょう。

ピーリングはニキビだけでなく肌のターンオーバーを高め真皮内のコラーゲンを増やす効果もあり肌の衰えが気になりだした人にも人気です。

ニキビを改善するための化粧品の効果的な使い方

おでこや鼻などの皮脂分泌が多い場所にできる思春期ニキビと違い、大人ニキビは「ほほ」や「あご」などの乾燥した場所にできやすいのが特徴です。

ほほやあごにできたニキビには、肌に保湿成分をを与え乾燥を改善することで、ニキビを繰り返さない環境をつくることができます。

炎症がおこっている赤ニキビ、黄ニキビでも市販のニキビ治療薬やニキビ用化粧品などは使わずに、刺激の少ない保湿化粧品でしっかりと水分補給を行います。

なぜならば、大人ニキビはニキビ治療薬などを使うと肌荒れや乾燥を加速させるだけで、ニキビの治療にはならないケースが多いからなのです。

大人のニキビ対策にはうるおいたっぷり、油分は控えめ、がポイントです。

ビタミンC誘導体は皮脂を抑えてニキビを予防する

ビタミンCは肌の炎症や皮脂を抑えたりする効果がありますが、そのままの状態では熱や酸化に弱く不安定で肌へ浸透しないという弱点があります。

弱点を克服し肌に吸収しすい状態に加工したものがビタミンC誘導体で、化粧水や美容液に配合されるようになりました。

ビタミンC誘導体は水溶性のもの、油溶性のもの、水にも油にも溶けるもの、の3種類にわけられますが、肌の構造を考えると水にも油にも溶ける「APPS」と呼ばれるビタミンC誘導体が飛びぬけて肌に浸透しやすく、効果的といえます。

ビタミンC誘導体はシミの予防にも使われており、赤いニキビ跡も薄くする作用があります。

ビタミンC誘導体が入っている化粧水や美容液をつけるときは、2,3回に分けてハンドプレスでしっかり肌に浸み込ませるようにつけます。

化粧水をつけるときに肌を引っ張ってしまうと負担になるばかりでなく、たるみの原因にもなるので注意しましょう。

ヒアルロン酸やセラミドがたっぷり入った保湿美容液を使う

ニキビができるとさっぱりした美容液を使いたがる人もいますが、乾燥しないことが大事なので保湿美容液を使うようにします。

セラミドやヒアルロン酸などの保水力がある成分をたっぷり含んだ美容液を選ぶことで肌がうるおい、角質が柔らかくなって毛穴がつまらないように予防することができます。

また、クリームにふくまれる油分はアクネ菌の養分になるので控えめにしましょう。

ニキビにあったファンデーションはパウダータイプ

ニキビがあると隠したくなるのでカバー力があるクリームタイプを選んでしまう、というのはよくありません。

クリームタイプのファンデーションは油分が多いのでアクネ菌の養分となり、ニキビの悪化につながります。

ニキビができて炎症がおきているときは、ファンデーションをつけない方がよいのですが、ニキビが気になってしょうがないときは仕上げ用のパウダーのみを使うか、コンシーラーでカバーするとよいです。

炎症は治まっているが、まだ白ニキビがのこっているといった状態のときは油分がはいっていないパウダーファンデーションを使用します。

パウダーファンデーションを選ぶときは保湿成分であるヒアルロン酸などが含まれている商品を選びましょう。

ニキビが治るまでは化粧下地は中止

化粧下地にはクリームファンデーションと同様に油分がたくさん含まれているのでニキビができているときは適していません。
ファンデーションを付ける前に保湿美容液をしっかりぬって下地代わりにするか、保湿成分入りのパウダーファンデーションを使用します。

下地を使わないことで化粧のりが悪くなる場合はファンデーションは使わずに仕上げ用のパウダーだけをつけるときれいに仕上がります。

一般に使われる仕上げ用のパウダー、ルースパウダーといった化粧品には油分がふくまれていませんのでニキビができている時のメイクにおすすめです。

皮膚科で処方される漢方、塗り薬

ニキビには何か塗ったら治りが早いようなイメージがありますが、塗り薬だけで完全に治るようなことはあまりありません。

ニキビができるときの主な原因はホルモンバランスの乱れによることですので、体内から整えていく必要があるからなのです。

色々なお薬を試すよりも睡眠をしっかりとる方が案外ニキビを治す近道だったりしますが、化膿してしまったニキビを治すには飲み薬を使った方が早い場合もあります。

ただし、大きく化膿してしまった場合の治療期間は肌のターンオーバーにかかる時間も考慮すると1か月以上かかることもあります。

皮膚科でよく処方される漢方薬

漢方薬は慢性疾患の治療に効果があり、長い間ニキビに悩んでいる方に適しています。

また、ホルモンバランスを整えたり皮膚の免疫を高める作用がありますが早くて2週間、遅くても1か月くらいで何らかの効果がではじめることが多いです。

ただし、西洋医療の医薬品のように短期集中で変化が現れるわけではないので根本的に体質を変えたい人向けの治療となります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

冷え性、むくみ、生理不順などのホルモンバランスの崩れに対する症状に効果を発揮します。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

頭痛、肩こり、便秘、イライラなどの不定愁訴に効果があります。

桂枝茯苓丸(ケイキシブクリョウガン)

血行を整え、老廃物の流れをよくするのでのぼせ、赤ら顔、生理前の肩こりイライラなどのホルモンバランスの崩れに対する症状に効果があります。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

顔全体に皮脂が多く小さいニキビができやすい人、鼻炎などにも効果があります。

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

炎症を緩和する作用で額などの皮脂の多い部分に赤ニキビができやすい人に効果があります。

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

ニキビの膿を出し炎症を抑えるので背中やおしりにおできができやすい人に効果があるが、便秘の人には処方されません。

皮膚科でよく処方されるぬり薬

塗り薬は前述のとおり対処療法が目的であり、根本的な治療にはなりませんが飲み薬と併用して効果があるものを処方されることがあります。

抗生物質

炎症を抑える目的で処方されます。赤ニキビの腫れを抑えてくれますが、予防には効果がありません。

膿がひどいときは飲み薬として処方されることもありますが、長期服用すると副作用として女性はカンジダを発症することがあるので注意が必要です。

レチノイド

角質を柔らかくする薬で白ニキビや黒ニキビなど初期の段階で効果を発揮しますが炎症を抑える効果はないので赤にきび以上に悪化した場合は使用しません。

硫黄製剤

殺菌、角質を柔らかくする効果がありますが、肌を乾燥させてしまうという欠点があるため、10代の思春期ニキビに適用されることが多く、大人ニキビの治療には適していません。

睡眠と食事で免疫力を高めて体内バランスの乱れを整える

ニキビは肌表面を整えるだけで予防することはできません。何度もいいますが、ストレスやホルモンバランスの崩れなど体内に原因があるからです。

ニキビができたときの生活を考えるとたいてい、睡眠不足だったり暴飲暴食をしていたり過度なストレスで落ち込んでいたりしていることが多いのです。

日常生活の乱れからくる免疫機能の低下は、まずたっぷり睡眠をとることから改善することができますが、休日だけ寝だめをするようなことは結局不規則なリズムをうむことになるので、毎日6時間以上の睡眠をコンスタントにとることを心がけましょう。

ニキビを治す食事と栄養素

ニキビを治すためには、和食を中心に野菜などの食物繊維やミネラルを積極的に摂ることが大事です。

ビタミンA、別名βカロテンは抗酸化物質をたくさん含んでいて、活性酸素を取り除いて肌荒れを防ぎます。

βカロテンが入ったホウレンソウ、人参、かぼちゃ、ピーマン、ブロッコリーなど緑黄色野菜を煮物やお浸しなどで食べるとサラダよりもたっぷりとることができます。

和食は洋食に比べて動物性脂肪や油分を使う分量が少なく、大豆製品や海藻類も適度に摂ることができるので便秘も解消され、ホルモンバランスの乱れにも効果があり自然とニキビができにくい体質に改善されるのです。

ファーストフードやインスタント食品は、ニキビだけでなくあらゆる不調の原因になりますので、できるだけ避けます。

サプリメントでの栄養補給

しっかりした食事を作る時間も食べる時間もない、という時はサプリメントの力を借りて栄養バランスを整えても大丈夫です。

ただし、長い間代用したりサプリメントを食事代わりにするのはよくありません。

サプリメントでの栄養補給は手軽ですが、成分によって作用が違うので必ず用法・用量を守りましょう。

ニキビを治すには、ニキビの連鎖を止めることが大切です。
食べ物や栄養素を意識して次のニキビを予防することが、ニキビ治療の意外な近道だったりするのです。

ニキビ跡の種類と有効な対策

ニキビはつぶすと跡に残ると言われますが、実は跡に残るかどうかは体質によるところが大きいといえます。

ニキビの進行自体も体質によるところがあり、肌の免疫力や回復力の違いに影響されるのです。

それぞれのタイプに合わせた対策をとって跡残りしないようにしましょう。

赤みがのこるタイプ

炎症が治まったのにいつまでも赤みが消えないことがありますが、実は同じ個所の肌の奥で繰り返し炎症をおこしていることがあるのです。

赤みが残るとシミになりやすいので、日焼けをしないようにすることとビタミンC誘導体の化粧品を使用することが改善への近道となります。

シミが残るタイプ

炎症がおこった後の赤みが茶色のシミになることがありますが、炎症性色素沈着といってニキビだけでなく虫刺されなどの傷跡でもおこることがあります。

日焼けをすると消えにくくなるので紫外線防止と肌のターンオーバーを正常に働かせることで対応します。

ニキビが治ったあとに、美白化粧品を使ったりやピーリングなどをすることによって、改善を促すことができます。

クレーター(陥没)タイプ

ニキビの膿がひどくなると毛穴の壁が壊れてしまい、複数の毛穴どうしがつながって大きな穴になります。

ニキビ跡がへこんで陥没してしまうと、完全に元に戻すことができなくなります。

陥没しても常に保湿し、肌のバリア機能を回復させることでターンオーバーを正常化すると、時間がかかりますが改善することは可能です。

乾燥肌のニキビには生活習慣を見直したっぷりと睡眠をとることが第一で、スキンケアとしては保水力のある成分で保湿して油分は避けることが基本です。

生活習慣の見直しはニキビだけでなくあらゆる不調を改善する第一歩にもなりますし、ホルモンバランスも崩れにくくなります。肌は内臓の状態をうつす鏡なのです。