乾燥肌のかゆみを早く止める対策

乾燥肌の状態がひどくなってくると、かゆみをともなうことがあります。

冬だけでなく、夏でもエアコンなどで空気が乾燥している状態になり、肌にかゆみを感じる機会が増えています。
かゆくなったときに、ただかきむしっていては肌が荒れてしまいますので、しっかり対策をとって肌を守りましょう。

肌の乾燥でかゆみが起こる原因


肌の乾燥が長い間続くと、表皮のバリア機能が壊れた状態になり、かゆみを感じる神経が表面近くまで伸びてきます。

肌は、かゆみを感じやすい状態になり、服による摩擦、化粧品など外部からの刺激が加わることで、かゆみのスイッチが入った状態になるのです。

以前まで「かゆみ」は「痛み」を感じる神経と同じ経路をたどって引き起こされる「弱い痛み」と考えられていましたが、近年になって別の神経伝達経路を使う独立した感覚であることが分かっています。
しかし、かゆみについてはまだ解明されていないことが多いことも事実です。

かゆみが強くなって、かき壊すような状態にならないうちに肌の乾燥を改善することが大切です。

かゆみの元はヒスタミンの暴走

肌をかきむしってしまうと、かゆみの原因の一つである「ヒスタミン」が過剰に分泌されてしまい、一層かゆくなってしまいます。

ヒスタミンはもともと体内にあり、適度に生成され、免疫系の化学伝達物質として体を守っているのですが、アレルゲンとなる食物を食べてしまった時や、表皮から過剰な刺激を受けた時に暴走してしまいます。

かゆみを鎮めるには「抗ヒスタミン薬」が有効です。

かゆみを抑えながら同時に保湿すると改善できる


では、かゆみを抑えるためにかゆみ止めだけ塗っていればいいのでしょうか?

市販のかゆみ止めには抗ヒスタミン薬や、ステロイドなどが配合されていますが、一時的にかゆみを止めることが目的なので、かゆみ止めの多くは、かゆみを根本から治してくれるわけではありません。

一方、かゆみ止め入り保湿クリームは、かゆみを止める成分こそ強くはありませんが、保湿成分・抗炎症成分などが入ってるので、肌のバリア機能を改善しながら同時にかゆみも止める働きがあります。

肌のバリア機能を元の状態に戻さなければ、かゆみはぶり返してきます。

かゆみをガマンできないときに一時的に使うのが「かゆみ止め薬」、根本的に治すために「保湿クリーム」と使い分けをして効果的に治しましょう。

また、飲み薬を使ってかゆみを抑えることもできるので、かゆみが強いときは医師に相談して治療すると治りが早くなります。

炎症で赤みがある部分のかゆみ対策


炎症を起こしている場合、その部位が広い範囲にわたっているのかごく一部の狭い範囲にあるのかで対応が変わってきます。

狭い範囲であれば、冷やして一時的に炎症やかゆみをやわらげ、市販のかゆみ止めをぬって様子をみますが、かゆみが強まって我慢できなくなったり広範囲に広がっているときは、肌の乾燥以外の原因も考えられるので早めに皮膚科を受診します。

弱いかゆみであれば、かゆみ止め成分が入っていない一般の保湿クリームをぬるだけでも治まる場合があります。

湿疹が出たら皮膚科で治療


湿疹ができた時は自然に治るケースと皮膚科を受診した方が早いケースがありますが、皮膚の赤みがひどくなったり広がったりしはじめたら皮膚科をおすすめします。

市販のかゆみ止めをぬっても根本的な治療にはならないことは前述しましたが、保湿や生活スタイルの改善を行っても症状がひどくなる場合は、別の病気が隠されていることもあるので、まずは皮膚科に相談しましょう。

皮膚科で処方される薬


皮膚科を受診すると、症状の程度によって塗り薬や飲み薬が処方されます。

一般的な乾燥肌で受診した場合、どのような薬が処方されるのかご紹介しますが、症状によってや、医師の方針によって処方される薬は変わってきます。

飲み薬は抗生剤や花粉症の薬など症状によって様々


かきむしって肌あれがひどくなったときは、患部から浸出液が分泌され、湿疹が広がってしまうことがあります。

いわゆる「とびひ」という症状になってくると、全身に広がってしまうので自分で治すことは難しくなります。

とびひになると膿を持った「水ぶくれ」や「かさぶた」ができると同時に、発熱したりリンパ腺が腫れたりすることがあります。

とびひの正式名称は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌などの人間に常在する細菌が原因で起こります。

黄色ブドウ球菌は小さなこどもが感染しやすい細菌ですが、化膿レンサ球菌は年齢に関係なく肌のバリア機能が壊れている乾燥肌の人が感染する細菌です。

治療には抗生剤の飲み薬、塗り薬を同時に使い、症状がひどければかゆみ止めの抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などが処方されます。

また、肌のかゆみだけで症状が軽いときは「花粉症」の時に処方される抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を飲み薬で処方されることがあります。

飲み薬だけでかゆみが抑えられると、かきむしりが止まり、肌の状態がよくなるのです。

比較的成分が穏やかな花粉症の薬は、一般の薬局で処方箋なしで買うこともできますが、一度も使ったことがない場合は病院で処方してもらいましょう。

ステロイドは怖くない。短期で治すためのコツとは。


塗り薬としてのステロイドは、炎症が悪化して肌がガサガサになった場合にとても有効で、赤くなった炎症を鎮める効果があります。

ネットの情報でステロイドを調べると、薬害があるような内容が書かれているものもあり、悪いイメージを持っているという方もいらっしゃると思います。

ですが、現在も多くの病院でステロイドが使われているのは、効果と副作用がハッキリわかっているからなのです。

ユーザーである私たちが、ちゃんとした情報を知って短期間でしっかり治療を行えば、ステロイドは怖いお薬ではありません。

ただし、塗る量が薄すぎると効果が発揮できませんし、安易に長い間使ったり、自己判断で別の症状に使うと副作用が現れることがありますので、処方された症状にだけ正しい量を使いましょう。

使う分量の目安は、クリーム状のステロイドであれば指先の第一関節一つ分までの分量が手のひら2枚分で、すこしベトつきを感じるくらいが普通です。

炎症が強いときは1日に2,3回を目安として使います。症状が治まった後もしばらく続けることで再発を抑えることができます。

お薬や症状のことで医師に聞きにくいという人もいますが、自分の体の事なのでわからないことはしっかり聞きましょう。答えてくれないような医師だったら病院を変えたほうがいいです。

ランク別の代表的なステロイド


ステロイドの塗り薬には強さのランクが5段階あって、症状や部位によって使い分ける必要があります。

皮膚の場所によって薬の吸収が全然違うので、一度処方されたお薬の残りを自分で勝手に違う部位につけることはやめましょう。

首より下の部位に使うお薬は、通常であれば「強い(ストロング)」クラスが処方されますが、少し炎症が強い場合は「より強い(ベリーストロング)」クラスが使われます。

「顔」や「陰部」は血流がよく吸収率が高いので「穏やか(マイルド)」クラスを使い、症状がひどいときは短期間だけ「強い(ストロング)」クラスを使います。耳やのど、額に対しては、体と同じように考えて使います。

最強(ストロンゲスト)


商品名:デルモベート、ダイアコート、ジフラール

より強い(ベリーストロング)


症状がひどいときに使われるが、顔には使わない。
商品名:アンテベート、マイザー、フルメタ、トプシム、ビスダーム、ネリゾナ、バンデル

強い(ストロング)


通常よく処方される薬
商品名:リンデロンV、ボアラ、ベネトベート、メサデルム、フルコート、リドメックス

穏やか(マイルド)


顔や陰部へ処方されるクラス。
商品名:ロコイド、キンダベート、アルメタ

弱い(ウィーク)


現在、単剤ではありません。

ステロイドの副作用、使用上の注意点


副作用としては長期使用すると皮膚が薄くなり、毛細血管が浮き上がって見えるようになることです。

どのくらいが長期間になるのか?といえば明確な基準はなく、個人差が大きいのですが、医師に経過を診せることにより判断してもらうことが重要です。

また、ニキビ・ヘルペス・カンジダなどの感染症には使用できません。まちがって使用すると症状が悪化するので自己判断での使用は絶対にしないでください。

顔にかゆみを感じるときの対処法


乾燥した状態では髪があたるだけで顔にかゆみを感じることがあります。かきむしってしまうほどかゆみを感じるときは、保冷剤で冷やして刺激の少ないかゆみ止めを塗ります。

ただし、目の周りや鼻の周りは肌が薄く刺激を受けやすいので避けます。目や鼻の粘膜のかゆみに効く塗り薬もあるので、皮膚科で相談の上処方してもらいます。

毎日のスキンケアをしっかりしていれば、かゆみは感じにくくなりますが、保湿化粧水をぬっただけでは肌のバリア機能が働いてきちんと水分が浸透しません。

化粧水の後にセラミドやヒアルロン酸などの保水力がある保湿成分が入った美容液をつけることで、肌の水分をキープすることができます。

洗顔料に保湿成分はいらない


洗顔料には洗浄成分がかなり強いものからマイルドなものまでたくさんの種類がありますが、乾燥肌には固形石鹸をおすすめします。

泡立てネットを使えば十分きめ細かい泡ができるので、力を入れずに洗えて肌に負担がかかりません。

よく、洗顔料に保湿成分配合と書いてある製品がありますが、洗顔と同時に洗いながしてしまうので意味がありませんし、しっとり洗い上がるタイプは肌に油分が残ったりするので、ニキビなど毛穴のつまりが心配されます。

洗顔は汚れを適度に落とすことだけを考えて選んだ方がよいのです。

セラミド配合化粧品で肌のバリア機能を整える


肌の細胞には皮脂線から分泌される皮脂と細胞間を埋める細胞間脂質が存在しています。

細胞間脂質は保湿やバリア機能を担っている場所で、細胞と細胞の間を満たす物質ですが、その成分の約50%がセラミドでできています。

セラミドは新陳代謝の過程で作られる成分なので、年齢とともに代謝が衰えてくれば、セラミドの生成も減ってくるのです。

コレステロールのような成分から生成されますが、食べ物から直に補給することはできませんので、肌の表面から補給します。

セラミドは水溶性ではないので、化粧水よりも美容液や乳液に配合されているものを選びます。

人間の皮膚には約7種類のセラミドが存在していますが、特に保水力に優れているのが「セラミド1,2,3」の3種類で、セラミド配合化粧品はセラミド1,2,3のいずれかの成分が高濃度で入っているものを選びます。

セラミドには天然型セラミドと疑似セラミドがあり、バリア機能の効果としては天然型が若干優れていますが、値段が高いです。

セラミド配合と書いてあるのに極端に安い商品は、セラミドの濃度が低い場合がありますので注意しましょう。

セラミド1


水、脂質、水、脂質とサンドイッチ状態になっている皮膚のラメラ構造を安定させるための成分で、バリア機能を維持するのに重要。

セラミド2


保湿効果が高いセラミドで皮膚中のセラミドの2割を占めています。

セラミド3


保湿効果が高いセラミドで、特に失いやすい成分。

かゆみを悪化させないためのお風呂での注意点


お風呂は、皮脂が一番はがれてしまう場所です。乾燥の症状が軽いときはぬるめのお湯に浸かってもいいですが、ひどい状態のときは湯船に浸かることはさけ、ぬるめのシャワーで済ませましょう。

ナイロンのタオルでゴシゴシ体を洗う人がいますが、乾燥肌でなくても刺激が大きすぎて肌への負担になります。体を洗うタオルは、綿の素材を使うようにしましょう。

また、タオルを使わずに手に石鹸の泡をつけて洗うことで肌への刺激を減らすことができます。

冬場であまり汗をかかないときなどは、石鹸を使わずにお湯洗いするだけでも、十分に皮脂や汚れが取ることができます。

ボディソープをやめて石鹸を使う


ボディソープは洗う成分である界面活性剤の濃度が高く、皮脂を落としすぎてしまうので、乾燥肌の人は使用を避けた方がよいです。

乾燥肌用のボディソープなどもありますが、香料や防腐剤、コストのことを考えると石鹸の方が手軽でおすすめです。

かゆみを抑えるシャンプーの方法


シャンプーもボディソープと同様に考えられますが、わざわざシャンプーを変える必要はありません。
洗い方を少し工夫することで、乾燥によるかゆみを抑えられます。

髪を洗うときに少しだけ濡らしていきなりシャンプーの原液を付けていませんか?

頭皮の根元からしっかりと時間をかけてお湯だけで洗い流すだけで大半の汚れは落ちてしまいます。

シャンプーはいきなり原液を髪につけずにしっかり泡立ててからつけると、髪に負担がかかりません。

最後にすすぎも時間をかけて行い、すすぎ残しがないように気を付けましょう。特に耳の後ろや、後頭部はすすぎ残しが多い場所で、すすぎ残したシャンプーのせいでかゆみがおこることがあります。

汗をかいた後のかゆみケア


乾燥肌にとって汗をかくというのはとてもいいことなのですが、そのままにしておくと雑菌が繁殖して炎症やかゆみ、においの元になります。

一番いいのはシャワーをあびることですが、できない場合は綿のタオルなどでやさしく汗を拭き取りましょう。

夏場には汗ふきシートを使う人もいますが、薬剤が付いたシートでふくことにより肌への負担が大きく、乾燥肌には不向きです。

服の素材でかゆみが悪化する


かゆみが出ているときは、下着やシャツの素材を刺激が少ない綿に変えることをおすすめします。

冬場の暖かくなる機能下着で蒸れやすかったり、夏場の涼しくなる機能下着が汗を吸わずにかぶれてきたり、肌が健康な状態だったときは起こらなかったトラブルがおこることがあります。

また、洗濯洗剤も香りがいい柔軟剤を使いだした途端、かゆみがひどくなったりすることがあるのです。

どの素材でかゆみが出たか、どういう洗剤が合わなかったか日ごろからチェックしておくことが大切です。

乾燥肌のかゆみは痛みと同時に感じることもあり、つらい症状ですが、かゆみ止めを併用しながらしっかり保湿をすることで改善することができます。
辛い物を控えるなど、食事や睡眠時間を同時に見直すと効果的です。