紫外線は乾燥を悪化させる!効果的な対策方法とは

夏になるころに気になりだす紫外線ですが、実は一年中かなりの量が降り注いでいます。

紫外線は乾燥肌にとっても刺激となりますので、少しでも浴びない生活を送りましょう。


まずは紫外線のことを知って、自分に合った対策をはじめましょう。

紫外線の種類と影響

太陽からの光は、波長で赤外線、可視光線、紫外線に分けられます。紫外線は可視光線よりも波長が短く、中でも波長の長いほうからA・B・Cと区別されています。

UV-A波は大気に吸収されずに地表に到達しますが、B波に比べると生物への影響は小さくなります。



UV-B波はほとんどがオゾン層により吸収されますが、生物に大きな影響を与えます。



UV-C波はオゾンと酸素分子によって全て吸収されるので、地表には届きません。紫外線防止で重要なのはUV-B波、UV-A波です。

紫外線の皮膚への影響はUV-B波、UV-A波とでどう違うのか

紫外線は、UV-A波のほうがUV-B波よりも皮膚の深いところまで到達しますが、UV-B波はUV-A波の600倍から1000倍近い力で日焼けを引き起こします。


UV-B波は皮膚細胞の核内にあるDNAに吸収され、DNAを傷つけてしまい、結果として皮膚細胞が死んでしまうなどの悪影響が表れます。



UV-Aも真皮という皮膚組織の深いところまで届くので、体内の活性酸素量が増えて、肌の老化が進んだりします。



他にも紫外線を浴びることで受けるデメリットには、シミやしわなどの老化や光線過敏症などがあります。また紫外線は、皮膚の免疫反応を抑えてしまうということも分かっています。



紫外線をあびることによって体内でビタミンDが合成されることがわかっていますが、ビタミンDは食事から十分とれるので、紫外線をあびることはデメリットの方が多いと言えます。

紫外線の性質と気を付けなければならない天候と場所

人体への影響が大きいUV-B波は、7月から8月にかけて一番多くなりますが、UV-A波は5月ごろから多くなります。



紫外線の季節変化は、UV-Bを吸収するオゾン層が春ごろに多く、夏から秋にかけて少なくなることに由来します。



また、天気によっても紫外線の量が変化しますが、快晴のときの量を100とすると、うす曇りで80~90、くもりの日で60、雨のときは30の量になります。



紫外線は反射する性質があり、アスファルトで10%、草・土で10%、砂浜で10-25%照り返しますし、雪の時は80%も反射します。



くもりの日も雲の隙間から太陽光線が出ていると、散乱光が加わって快晴の時よりも紫外線の量が増えることがあります。

また、高地に行くと1000mごとに約10%の紫外線量が増えるので、登山のときにはしっかりとした紫外線対策が必要です。



一般的には南へ行くほど紫外線の量が増え、1年間の量で比較すると、那覇市では札幌市の約2倍の量が観測されます。

日焼けしてから治まるまでの肌

日光を浴びることで、皮膚の表皮と呼ばれる一番外側の部分にある、メラノサイトという色素細胞が刺激されます。メラノサイトがある基底層という組織は、新しい細胞が生まれる部分で、メラニン色素を作り出しています。



基底層という場所は、肌のターンオーバーが始まるスタート地点であり、メラニン色素は真皮という肌の深い層を守るために働きます。



新陳代謝が正常ならば、メラニン色素は4~5週間ほどで、垢となって排出されます。

乾燥肌は紫外線で角質層を刺激され、さらに乾燥する

乾燥肌は、もともと肌のバリアが壊れやすいのに、紫外線をあびると水分の蒸発が促されて、どんどんカサカサになります。



さらに、肌が真っ赤になるようなひどい日焼けを起こすと、肌が敏感になり、摩擦などの別の刺激に対しても抵抗力が落ちてしまいます。



加齢によって肌のターンオーバーは遅れていきますが、角質層の水分が少ないと、さらに代謝が遅れてシミの原因になったりするのです。



乾燥肌にとって、紫外線対策は保湿と同時進行でおこなうべき重要な対策です。

日焼け止めの成分と特徴

日焼け止めの成分は大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。多くの日焼け止めは、この2種類を単独で配合したり、組み合わせて配合したりしています。

紫外線吸収剤はサラサラでつけごこちがよい良いが刺激が強い

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する化学物質ですが、肌の上で化学反応を起こし紫外線を熱エネルギーなどに変化させています。



透明で、白浮せず、サラサラとしたつけごこちで汗につよく、紫外線を防ぐ力が強いというメリットがありますが、肌への刺激が強いので、肌荒れを起こしやすい敏感肌の人は、吸収剤が使われていない「吸収剤フリー」や「ノンケミカル」と表記されたものを選ぶとよいです。



吸収剤は、UV-B波をよく吸収しますが、UV-A波を遮断する成分は限られています。ただ、レジャーなどで強力な紫外線カット力が必要なときは吸収剤入りの方が効果的です。



紫外線吸収剤の代表的な成分です。商品を選ぶときにチェックしてください。



・メトキシケイヒ酸オクチル

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

・オクチルトリアゾン

・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

紫外線散乱剤(ノンケミカル)は重いつけごこちだけど刺激が少ない

紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で反射させる物質で、金属を酸化させたものや、粒子の細かい粘土質の粉などをパウダーとして使用しています。



商品によっては白浮しやすかったり、タッチが重めになりがちで、つけごこちがいいとはいえませんが、刺激が少なく、肌への負担になりにくいというところが最大のメリットです。



UV-B波もUV-A波も広く遮断する効果がありますが、強力な日差しに対しては散乱剤よりも吸収剤の方が効果があります。



散乱剤は、厚く塗りすぎると粉っぽくなって皮脂を吸収しやすくなるので、乾燥肌の人がつけるときは、十分保湿をした後に使います。



乾燥性の敏感肌の人は、散乱剤だけが入った日焼け止めがおすすめです。



紫外線散乱剤の代表的な成分です。



・酸化チタン

・酸化亜鉛

・酸化セリウム

・カオリン

紫外線防止効果のSPFとPAはどのくらいの数値を選んだらいいのか

日焼け止めを選ぶときに「SPF」と「PA」という表記があります。



「SPF」は世界共通の基準で測定される値で、UV-B波をカットする効果を表しています。



何も塗っていない状態と比較して、サンバーンと呼ばれる日焼けの状態が始まるまでの時間を、何倍に伸ばすことができるかという意味です。



SPF30と表示されていれば、日焼けが始まるまでの時間を30倍に伸ばすことができる、という意味になります。



何もぬっていない状態であれば、成人が夏の海岸で日焼けを起こすのは、平均して約20分かかります。SPF30であれば、日焼けが始まるまでの時間を、約600分(10時間)まで引き延ばすことができるということです。



SPFは50以上になると、厳密な性能に差がでなくなるので、50以上であれば「50+」と表記されています。



ここで注意してほしいのが、SPFは、肌が赤くなり始めるサンバーンまでの時間を測定したにすぎない、ということです。



シミができはじめるまでの時間を測定しているわけではなく、日焼けが始まる前にシミができはじめることもあるのです。



また、少しでもシミや日焼けを防ぎたい、という人はSPFの数値が高ければ高いほどよいように思い、選びがちですが、日焼け止めはSPFの数値が高いと、それなりに肌への負担が強くなってしまいますので、一概にSPFが高いほどよいとはいえません。



「PA」は日本独自の表示で、UV-A波をカットする効果を表しています。



UV-A波が肌の奥まで届くと、短時間でメラニンの酸化がおこり、「即時型黒化」という反応をおこしますが、即時型黒化をおこすまでの時間を2~4倍に伸ばすことができるものをPA+、4~8倍であれば++と表示されます。


PAは++++までの4段階で表示され、+の数が多いほど防止効果があります。



PAは、SPFのようにすぐに測定できる数値ではないので、おおまかに4段階で表示されています。



生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方



・通勤、通学や買い物などで一日1時間程度外出する場合 SPF「5」、PA「+」程度のものを選ぶ



・軽い野外活動やドライブなど SPF「10」、PA「++」程度のものを選ぶ



・炎天下のスポーツ、海水浴、登山 SPF「20」、PA「+++」程度のものを選ぶ



・沖縄など紫外線が強い場所での野外活動 SPF「30」、PA「++++」程度のものを選ぶ

SPFよりも塗る量に注意

日焼け止めのSPFは、1平方センチメートルあたり2㎎または2μリットルをぬって調査していますので、薄く塗っていてはちゃんとした効果が得られません。



日焼け止めを使っている人で調査した結果、使用量の1/2~約2/3しか使っていないことがわかっていますが、これでは、効果が半減してしまいます。



塗ったあとにべたつきを感じるくらいの量をまんべんなく塗ることが大切です。



規定の量は、顔でいえばパール大2個分が全体量です。



海水浴に行った時に使う量は、100ml入りの日焼け止め製品であれば、1日で1本使い切るくらいが目安です。



また、日焼け止めのSPF50のものと30のものは、紫外線の遮断率でいえば大きな差はありません。



紫外線カット率は、SPF50のもので約97%、SPF30のもので約95%ですので、SPF30以上になれば、ほとんど遮断していると考えてよいのです。



少しでも肌への負担をへらし、効果を最大限引き出して使うという点からいえば、レジャーでもSPF30の日焼け止めを、厚くこまめに塗りなおす、という使用方法が正解です。

乾燥肌に合った日焼け止めのタイプ

肌への負担を抑えるには、紫外線散乱剤だけを使った「ノンケミカル」タイプがおすすめですが、散乱剤は濃度が濃くなると皮脂を吸収してしまい、乾燥しやすくなってしまいます。



日焼け止め効果が中程度の商品を選び、日焼け止めを付ける前のお手入れで、しっかりと保湿を行うことで、ある程度の乾燥を防ぐことができます。



日焼け止めには、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ウォータープルーフタイプなど様々な種類がありますが、普段使いにはクリームタイプかミルクタイプが肌へ負担をかけにくいです。



ウォータープルーフタイプは、汗に強く落ちにくいのが利点ですが、肌への刺激になりやすく、体に使った時もクレンジングが必要です。

天然の成分だけでできた日焼け止め

日焼け止め効果がある天然成分が存在しますが、どれくらいの効果があるのでしょうか。



日焼け止め効果があるといわれている成分をまとめました。



・ラズベリーシードオイル・・・SPF28~50

・シアバター・・・SPF4~8

・キャロットシードオイル ・・・SPF40

・ウィートジャームオイル ・・・SPF20

・ココナッツオイル ・・・SPF2~8

・マカダミアナッツオイル ・・・SPF6

・アボカドオイル ・・・SPF15

・オリーブオイル ・・・SPF4~8

・アーモンドオイル ・・・SPF5

・ホホバオイル ・・・SPF4



紫外線防止効果が高いのはラズベリーシードオイルです。



いずれも天然オイルなので製品にムラがあることは否定できませんし、UV-A波を防止する効果はありません。



また、天然オイルならではの刺激もあるので、肌にあうかどうかは個人差も含めて、使ってみないとわかりません。



ただ、乾燥を防ぐ効果があるので、日焼け止めですぐ乾燥してしまう人は、普段使いに試してみる価値はあります。

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めについて、基本的なことはおわかり頂いたと思いますが、日常つかっている上でより効果的に使う方法や、疑問に対する答えなどをご紹介します。

体用の日焼け止めを顔に使っても大丈夫?

体と顔では皮膚の薄さが違うので、肌への刺激や効き目を考慮して作られています。



顔用の日焼け止めを体に使うことは問題ありませんが、「からだ用」と書いてある日焼け止めについては、紫外線吸収剤の成分が強いものがあり、顔への使用は避けます。

顔用の日焼け止めは、ベースメイクすべてに入っている方がいいのか?

メイクは基礎化粧品を付け終わったら、下地クリーム、ファンデーション、パウダー、とつけていきますが、最近のベースメイクにはほとんどといっていいくらい日焼け止め成分が入っています。



本来ならば乾燥肌にとっては、下地、パウダーファンデーション、仕上げパウダーとそれぞれの機能に特化したものを使う方が、肌への負担が少なくて済みます。



また、ファンデーションや仕上げのパウダーを使うことによって、紫外線散乱剤と同じ働きをしているので、日常生活では日焼け止めを多用する必要はありません。



どうしても顔に日焼け止めを付けたいときは、パウダーファンデーションに日焼け止め機能が付いたものを選ぶのがよいです。

体へ日焼け止めをぬるときのポイント

日焼け止めは、直接体にぬる人が多いようですが、乾燥肌の人は最初にクリームなどをぬって保湿しておくと、乾燥を防ぐことができます。



日焼け止めの塗り直しは、2,3時間おきに最初にぬった量と同じ量をぬるとよいですが、肌が重たくなったように感じるときは、洗い流して軽くふいた後に付け直すとつけごこちもいいですし、肌への負担を抑えられます。



また、日焼け止めにはクレンジングをしなければ取れないタイプと、石けんで落ちるタイプがありますが、ウオータープルーフのタイプは体でもクレンジングをしたほうがよいです。その際は顔用のクレンジングを体に使っても大丈夫です。

去年の日焼け止めを使っても大丈夫

化粧品は、未開封で約2年~3年、開封済みでも1年はもつように防腐剤が入っていますので、去年の使い残しをそのまま使うことができます。



ただし、保管状況が大切で、ふたが半開きになっていたり、日光が当たる場所においてあると品質が劣化して使えません。においや色がおかしくなっていないか確認してから使うようにしましょう。

日焼け止め以外にできる紫外線対策

乾燥がひどく、敏感になっているときや炎症を起こしている時は、日焼け止めがぬれない場合があります。



日焼け止め以外の紫外線対策も積極的に取り入れましょう。

UVカット効果がある衣類

服や帽子で紫外線対策をするときのポイントは色や素材にあります。



色は白よりも黒が紫外線を通さず、素材はポリエステルが紫外線を通しにくいです。



ユニクロやその他ファストファッションのお店でも、紫外線を90%カットする服がありますので、生活スタイルに合わせて取り入れましょう。



一枚持っていると、夏場はエアコンが効きすぎたお店などの冷え対策にも役立ちます。

日焼けするレジャーの前からビタミンCを摂る

海水浴や旅行などで日光にあたることがわかっている場合は、2週間くらい前からビタミンCを摂るようにしましょう。紫外線を浴びた後よりも、以前から予防として摂取しておくと、抗酸化力がアップし、皮膚を守る機能がアップします。



ビタミンCはサプリメントを使ってもいいですが、吸収が悪く尿中にでてしまって効果が半減してしまいます。生野菜やフルーツから摂ると体内へ効率よく吸収されます。



ちなみにビタミンCは、赤ピーマン、アセロラ、パセリなどに豊富に含まれていますので積極的に摂りましょう。

乾燥肌の人は、日焼け止めを使うと乾燥しやすく、どうやって選べばいいのか悩んでいる人も多いですが、基礎化粧品で保湿すること、日常はケミカルフリーを厚塗りしておくこと、お風呂に入ったときはクレンジングしてしっかり保湿、の3点に気を付けると効果的な紫外線対策をすることができます。



また、生理前なども普段よりシミになりやすいので、1週間前からしっかりと紫外線対策しましょう。