保湿してるのに乾燥する人必見!本当に必要な成分と使い方

干上がった池の底のように肌がカサカサになった、皮膚がひび割れた、といった状態のことを「肌が乾燥した」と言っていますが、そもそもなぜ肌は乾燥するのでしょうか。



自分では保湿しているつもりでも、いつまでたってもカサカサのままという人は、どうしたら乾燥が治るのか。



乾燥してしまう原因と、効果的な対策をご紹介します。

乾燥とは水分が足りないこと。肌の中の水分は化粧水では補えない

健康な肌であれば、肌の一番表面にある「角質層」には、約30%の水分が含まれています。



角質層が正常に働かなくなり、水分を守れなくなると、蓄えていた水分がどんどん蒸発していきますが、30%の水分量が保てなくなり、水分が減ってしまった状態の肌を「乾燥肌」といいます。



しかし、肌にはもともと保湿成分があって、周囲の環境にかかわらず、水分を守っています。



どうして本来の保湿機能が壊れてしまうのでしょうか

本来の保湿機能が壊れる理由

保湿機能が壊れてしまう第一の理由が「加齢」です。保湿成分は、年齢とともに徐々に生産量が減っていきます。



生産量が減ってくると、先に蓄えられていた水分量も減っていき、肌が渇きやすくなるのです。



肌の加齢は、30代,40代と考えがちですが、実は20代から始まっています。



外的要因も、肌の乾燥に追い打ちをかけます。たとえば、秋冬の空気の乾燥、夏のエアコン、入浴のときの熱いお湯などが、刺激となって肌のバリア機能を弱らせてしまいます。

乾燥肌対策をしているのに改善されないわけ

乾燥肌になってしまった人は、自分でクリームや保湿剤をつけて乾燥対策をしている人が大半ですが、いつまでも改善しないという人も多いです。



なぜかというと、保湿成分が肌の奥に届いていないからです。



まちがった例を上げると、お風呂上りにオイルばかりつけて保湿成分を付けていないとか、化粧水をたくさんつけて終わりにしているとか、肌と同じ成分を補っていないことが多いのです。



化粧水に関して言えば、成分のほとんどが水分なので、化粧水をつけて乾くときに、もともと肌にある水分も一緒に蒸発してしまいます。



重ね付をすると、何度も水分が蒸発してしまうので、しっかりつけたはずなのに、数分でカサカサしてしまうのです。

乾燥肌に必要なのは、細胞間脂質や天然保湿因子

乾燥によって肌から失われる成分は「細胞間脂質」や「天然保湿因子」です。



肌に必要な成分である細胞間脂質や天然保湿因子は水そのものではなく、水をつかむ成分です。



角質中の水分の80%以上は細胞間脂質が、17%弱は天然保湿因子が守っていて、油分である皮脂の役割は2,3%にすぎず、あまり水分を守る力はありません。



細胞間脂質の中でも約40%を占める「セラミド」という成分は、水と結合し、湿度が0%になっても蒸発せず、気温が氷点下20℃でも凍らないという性質を持っています。



セラミドは、新陳代謝によって作られるので、代謝が活発な赤ちゃん時代が最も多く、年とともに低下していきます。



食事からは必須脂肪酸で補い、表面からは良質の化粧品で補うのがベターな選択です。

表面からセラミドを効果的に補う化粧品。選ぶときに見る成分

乾燥肌を保湿するには「セラミド」が入った化粧品を選ぶとよいですが、セラミドは種類によって性質があります。



皮膚にあるセラミドは11種類あります。(分子量が異なるセラミドを区別すると342種類)

セラミド1というように、それぞれの名前に数字がついていますが、特に重要な成分はセラミド1、セラミド2、セラミド3です。



セラミド1は肌のバリア機能を強化し、セラミド2,3は保湿効果を高くします。



化粧品に使われているセラミドは、植物を原料にして、人の皮膚内にあるセラミドと同じ構造を持つものですが、選ぶときは、不足しがちなセラミド2や3が配合された製品がおすすめです。



また、セラミドは配合されている量にも注意が必要です。化粧品は、全成分を表示するように義務付けられていますが、成分表示には、配合量が多い順に表示されています。



配合量が1%以下は順不同で掲載していいことになっていますが、成分表示には配合量まで表示する義務はないので、現時点では商品のサイトなどを見て確認するほか方法がありません。



一般的な化粧品のサイトを調べてみました。



・ヒフミドエッセンスクリーム(小林製薬)

ヒト型セラミド1,セラミド2,セラミド3 合計4%配合



・スロワージュ 肌型セラミドクリーム・潤みど(ミロット)

セラミド2,セラミド5 合計4%配合

肌型セラミドとは、セラミド2とセラミド5を混ぜてある成分のこと



・ヒト型セラミド原液 リペアエッセンス(トゥベール)

セラミド1、セラミド3(2種類)、セラミド6 、その他成分と合計3%配合

手持ちの化粧水に配合して使用するタイプです。



・キュレル潤浸保湿フェイスクリーム (花王)

疑似セラミド8%配合

疑似セラミドは、ヒト型セラミドのように細胞間脂質に入るわけではなく、肌の表面にバリア層を作って保湿する成分です。



ヒト型セラミドは高価な成分で、セラミドを作っているメーカーの推奨する配合量は0.05%です。上記の商品は高濃度で配合されていること、濃度を表示していること自体良心的といえます。

セラミド配合の化粧品は美容液やクリームがいいのか?

セラミドは水溶性ではないので、化粧水ではなく美容液やクリームなどに配合されています。


最近では化粧水にセラミドが配合されている商品もありますが、もっとも効果的なのは、美容液やクリームで補給することです。

セラミド以外の保湿成分と、保湿力の違い

セラミド以外にも、たくさんの保湿成分がありますが、それぞれどのような特徴があるのかご紹介します。

ただし、現時点で一番保湿力がある成分はセラミドであり、他の保湿化粧品を選ぶときにも、セラミドが一緒に配合されたものが効果があるといえます。

保水保持力が強力なグループ、水を挟み込む保湿成分

保水保持力が強いものは、角質層の中で、水、脂質、水、脂質のサンドイッチ状の構造を作る成分で「ラメラ構造」と呼ばれています。



・スフィンゴ脂質

脂質の一種であり、セラミドもスフィンゴ脂質の一種です。



・水素添加大豆レシチン

大豆から抽出されるレシチンの脂肪酸を水素添加したもの



・ステアリン酸コレステロール

セラミド以外の細胞間脂質。保湿力はセラミドよりも弱いけれど、水分保持力が高い。

水分保持力は中程度のグループ、水分を抱え込む保湿成分

角質層よりも奥の真皮部分にある成分で、水をかかえて逃がさないという特徴があります。



・ヒアルロン酸

真皮の中にあるゼリー状の物質で、弾力を保持する役割があります。

美容外科、形成外科において、シワのばしや関節の痛み軽減などで皮下注射に使用されています。200倍から600倍の水分を蓄える力があります。



・コラーゲン

ヒアルロン酸と同様、真皮の中で弾力を保つ成分です。表皮にぬったときは、保湿成分となります。

身近なところでは、ゼラチンの主成分であり、食品のほか、医薬品にも使われています。



・エラスチン

真皮の中にある、ゴムのような弾力が特徴の繊維成分です。体中の臓器や組織に分布するタンパク質の一種ですが、化粧品では保湿成分として配合されています。



・ヘパリン類似物質

血液中のヘパリンという成分に類似した物質で、水分含有力があります。皮膚科で乾燥肌へ処方されることが多い「ヒルドイド」という薬品の主成分でもあります。



・プロテオグリガン

近年、サケの鼻軟骨から抽出することで、安価になった保水成分です。コラーゲンやヒアルロン酸と並ぶ軟骨の主成分であり、保水性に優れています。

水分保持力は弱いけれど、水分をつかむ、吸湿性のある保湿成分

・天然保湿因子(NMF)

角質層の成分の30%を占める天然保湿因子は、肌のうるおいバランスを保つために重要な要素です。


水溶性で、アミノ酸や尿素、ピロリドンカルボン酸塩、など20種類の成分で構成されています。

吸湿力があり、つけごこちは、さらっとしています。



・グリセリン、PG、1.3BG

アルコールの一種で、多くの保湿化粧品に含まれています。

ワセリンは皮膚科でも処方される保湿剤

乾燥肌の人によく使われている安全で有名なクリームが「ワセリン」です。



薬局でも単体で処方されたり、他の薬剤の基材として使用されるとてもメジャーな成分です。



ワセリンは石油から得た炭化水素の混合物を脱色して精製した成分です。精製度により、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロぺト、サンホワイトと商品名が変わってきます。



ワセリンといえば、一般的には白色ワセリンのことを指します。

プロぺトは眼科用の軟膏に用いられるほど安全で精製度が高いもので、サンホワイトは一番精製度が高く、高価な商品です。



ワセリンは血止めにも使われるので、皮がむけて血が出て痛い、という状況で使うと効果的です。



非常にベトつきますので、通常の乾燥肌への保湿剤としては、むいていません。

保湿成分の浸透力をアップさせるブースター美容液とは

通常の基礎化粧品とは別に、最近流行なのが、ブースター美容液です。



ブースターとは「導入」の意味で使われています。つまり、ブースター美容液とは化粧水の前に使うことで、後から使う基礎化粧品の浸透を良くし、同時に美容成分も浸透させるという商品です。



ブースター美容液は、色々な種類がありますが、乾燥肌の人は拭き取るタイプは避けましょう。

オイルは油分を補うだけで水分は補えない

水分を補うためには、水分をつかむんで守る成分であることは述べました。



一般的なオイルには水分をつかむどころか、反発してなじまない、という性質があります。

肌になじみやすい性質のオイルを使ったとしても、水分自体をつかむ性質はありません。



乾燥がひどいときに、肌の保護に使うのはいいですが、役割としてはワセリンと変わらないので、べたべたになるまで使う必要はありません。

皮膚科や美容外科で乾燥肌の治療を受ける

病院で乾燥肌対策の治療を行うことができます。よくあるヒアルロン酸の注射などは、保険適用外の治療になるので、料金は病院によって変わってきます。



病院でうけることができる治療の代表例をご紹介しますが、治療を受けたいときは、必ず事前に病院に電話して、施術前にカウンセリングが受けられるのか、料金はいくらなのか確認しましょう。



医師がカウンセリングし、納得したうえで治療するのは当たり前の事なので、事前に教えてくれない病院は、避けた方がいいです。

イオン導入。家庭用もあるが、医療用は効果が大きい

弱い電流で水溶性の成分を皮膚内に導入する方法です。分子量が小さなビタミンC誘導体やトラネキサム酸などを、肌の奥まで浸透させ、乾燥による肌の炎症を抑える効果があります。


イオン導入の方が、直接塗るよりも4倍以上も肌に浸透しますし、家庭用の機器と医療用の機器では、出力が違うので、効果には大きな差があります。

エレクトロポレーション。近年、機器が実用化された新しい治療法

電気穿孔法を応用した美容技術で、ハリなどを使わずに通常では浸透しないコラーゲンやヒアルロン酸の成分を、高分子のまま真皮に浸透させることができます。施術による痛みはありません。



乾燥による小じわに効果を発揮する治療で、顔やせ、育毛にも応用されています。

リデンシティ。注射治療で速攻性と持続性がある

ヒアルロン酸、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの成分を注射器で注入する治療法で、ハリや小じわに効果があります。



注入された成分は9カ月~1年ほどで体内に吸収されます。

主に、目元や口元などに適用されます。

ピーリング。肌を手軽に再生させる

フルーツ酸などを利用し、肌表面の角質をはがして肌の再生を促す治療で、乾燥肌は、炎症が起こっていなければ施術できます。



角質層が固くなる角化をリセットして、やわらかい肌への再生が促されます。



ここでご紹介している病院での治療は、ほんの一部ですが、ほとんどの治療は保険外で高額になります。

治療を受ける際には、自分が思っているような治療結果が得られるのか、よく確認しましょう。

化粧品の効果をアップさせる習慣。しっとり肌は毎日の積み重ね

化粧品や病院での保湿をご紹介してきましたが、日常生活で対策することも重要です。



肌には、よく睡眠が大切だといいますが、成長ホルモンが活発に分泌される、夜10時から深夜2時までの睡眠を中心に6時間以上は休むようにしましょう。



スマホやPCなどで寝る直前まで刺激を受けていると、熟睡の妨げになりますので気を付けましょう。


ビタミン、鉄分はうるおい補給に必須。アミノ酸はコラーゲンに。

食事を気にすることも大切です。乾燥肌の人は、脂質ではなくて、ビタミンやミネラル、肌のもととなるアミノ酸(タンパク質)を中心に摂るようにします。



おすすめは、緑黄色野菜をたっぷり、あさりやひじきなどで鉄分をとる和食です。



タンパク質は、ササミや大豆で摂ると脂肪分を減らすことができ、消化によいです。



味付けも、だしをとったりして塩分控えめで、代謝を高めましょう。



食べ物は、体をつくるだけでなく脳にも作用します。心も体もスッキリして免疫を高め、元気な毎日を過ごすことが肌の調子を整える第一歩です。

乾燥肌はサプリで保湿できるのか?

乾燥肌に有効な栄養は、血行を良くする脂溶性のビタミンAですが、とりすぎると体内に蓄積されてしまうので、サプリからの摂取より食事からとる方が安全です。



通常の栄養を摂れていれば、サプリは基本的に必要ないのですが、忙しくて栄養補給が十分でないときの緊急的な役割であれば、サプリでビタミン類を摂るといいです。



おすすめは、水溶性のビタミンB群や、乳酸菌サプリです。腸内環境を整えることで、栄養が体の末端までいきわたるようになります。



サプリメントだけで保湿や体質改善は難しいです。基本は食事であり、サプリの役割はあくまでも栄養補助なのです。

乾燥肌を保湿するには、セラミドの補給と、日常生活のちょっとした刺激に気をつけるだけ、ということがお分かりいただけたと思います。



1年たってみて、去年よりも肌の状態がよくなっている、というくらいのゆっくりペースが、保湿生活を長続きさせる秘訣です。