乾燥肌をきれいに仕上げるファンデーションの選び方

カサカサして化粧ノリが悪かったり、化粧崩れが早かったり、乾燥肌の人はファンデーションの悩みが多いものです。



肌がきれいな人を見ると、何が違うのかな、どこの化粧品使ってるのかな、と思いますよね。



今回は、乾燥肌でもきれいに仕上げるファンデーションのテクニックや、乾燥肌を悪化させない化粧品の選び方について説明します。



いつもファンデーション選びにまよっている人は、ぜひ最後まで読んでください。



PR

無農薬栽培米を主原料とした100%天然由来のファンデーション

↓クリックすると公式サイトを開きます

乾燥してるからリキッド、ではない。成分に着目して選ぶとパウダータイプ

乾燥肌だからファンデーションは、リキッドかクリームを選ぶという人が多いのですが、肌が敏感になっている人は、パウダーファンデーションを選びましょう。



乾燥しているから、パウダーが肌の油分を吸ってしまって、ますます乾燥すると思っていませんか?



事実パウダーなので多少は油分を吸い取ります。でも、乾燥してしまうとしたら、それはベースづくりがうまくいってないからなのです。



リキッドファンデーションを選べば、洗顔後に基礎化粧品を省略しても、保湿できるのでは?という意見が多いのですが、ファンデーションは保湿以外の事にも注意しなくてはいけません。



リキッドファンデーションは、肌への密着度が高く、保湿効果はパウダーファンデーションよりも上です。



しかし、水分が多いので、パウダータイプに比べて、防腐剤が多く配合されています。また、もともと粉であったファンデーションの成分を、界面活性剤で乳化し、液体として安定させています。



界面活性剤とは、石けんや洗顔料に含まれる成分で、水と油が分離しないように中和する役割があります。



洗う成分と同じ成分を肌につけっぱなしにしているので、刺激になりやすいのです。



パウダータイプであれば、防腐剤や乳化剤を含んでいませんので、肌へ優しいタイプのファンデーションであるといえます。

こんなにある!ファンデーションの種類

ファンデーションは日々新しい商品が開発され、数種類の商品が並ぶようになりました。

メーカー独自の特徴もありますが、ファンデーションの形態としての特徴をご紹介します。

乾燥肌に一番おすすめ!パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、前述のとおり、添加物が少なく、肌への刺激が抑えられるという点でおすすめです。



パウダーファンデーションだとヨレてしまうという人は、次の2点のことをを試してみてください。



1.洗顔後の基礎化粧品で、保湿美容液をしっかりとハンドプレスして浸透させる



2.ファンデーションをとったあとのスポンジを、一回手の甲につけて余計な粉をはらい、額、鼻、ほほ、あごにのせて顔の中心から外に向かって、ポンポンと叩きこむようにつけます。



この2点を実行するだけで、ヨレがなくなります。一部分に固まってついてしまうというのは、ファンデーションの量が多すぎるということ、スポンジをこすりつけていること、が考えられます。



スポンジは、肌の上で滑らせるのではなく、たたきこむようにすると、ヨレないだけでなく、シミやそばかすもきれいに隠すことができます。

パウダーが苦手ならエマルジョンタイプ

エマルジョンタイプというのは、練り状のファンデーションのことです。



パウダーよりしっとりしていて、クリームより硬いタイプで、水を含まないので乳化剤・防腐剤などの添加物はほとんど使ってありません。



クリームタイプより肌への刺激が抑えられていて、かつカバー力もあるので、シミやくすみなどを隠したいときにピッタリです。



油分が多いので、乾燥性のニキビ肌にはむいていません。

敏感肌に大人気!ミネラルファンデーション

テレビのCMなどで認知度が上がったミネラルファンデーションですが、成分は鉱物でできています。一般のファンデーションに含まれるような添加物がほとんど入ってないので、乾燥肌からくる敏感肌の方におすすめです。



プレスしていない粉タイプを、チークブラシのようなブラシでつけるタイプは、最初はつけるのが難しく感じる人もいますが、パウダーを付けたブラシを手の甲において余分な粉を落としてから、顔につけるとヨレずにつけることができます。

また、気管支が弱い人は吸い込まないように気を付けてください。



粉タイプが難しい人は、プレスタイプを選ぶと使いやすいです。



ミネラルファンデーションは油分を含まないパウダーなので、どうしても乾燥しがちになりますが、ファンデーションを付ける前の保湿美容液をしっかりとつけることで、ある程度の乾燥を防ぐことができます。



ミネラルファンデーションは、しっかりとつかない分崩れやすいですが、化粧落としも通常の洗顔だけで落ちるものが多く肌へ負担がかかりません。

yajirusiスキリブおすすめのミネラルファンデーションを見る→ここをクリック

リキッドよりも油分が多いクリームタイプ

クリームタイプのファンデーションは、冬に勧められることが多いのですが、リキッドタイプ同様、乾燥肌にはおすすめしません。



肌への密着度が高いので、化粧を落とすときに、より強力なクレンジングを使わないと肌に残ってしまいます。



肌の乾燥がひどいときは、ルースパウダーだけですごすか、しっかりと基礎化粧品で保湿して、ファンデーション自体は軽めのタイプにしておくと、肌の負担になりません。

乾燥肌は避けた方がよい、リキッドタイプ

リキッドタイプは、前述のとおり添加物が多く、化粧落としも強めのタイプを使わないと肌に残ってしまいます。肌へ刺激になりやすので乾燥肌へはおすすめしません。

使いこなすと意外に便利?2WAYタイプ

2WAYタイプのファンデーションは、もともと1つのファンデーションを夏・冬一年中使えるように、と考えられた商品です。



スポンジに水を含んだ状態で肌につけると、クリームタイプのように肌に密着し、乾いたスポンジでつけると、パウダーファンデーションとしてつかうことができる、という特徴を持っています。



水ありで使うと、すぐに肌が乾燥してしまうので、水の代わりに化粧水や美容液を使うと、保湿効果があり乾きにくくなります。

BBクリーム

BBクリームは、もともとドイツで発売された肌の保護を目的とするクリームです。アジアでは、下地、日焼け止め、ファンデーションのオールインワンとしての意味合いが強く、肌の美容液に変わるというものではありません。



むしろ、いろいろな機能を持たせることで、添加物などの肌へ刺激が強い成分が含まれるので、乾燥肌にはおすすめできません。

CCクリーム

CCクリームは、コントロールカラーの意味で使われていることが多いのですが、BBクリームとの違いを明確に打ち出しているメーカーもなく、実質は化粧下地としての意味合いが強いです。



化粧品メーカーでは、きちんとしたメイクをせずに一日過ごしたいときに、CCクリームひとつを付けておけばよいと説明してあるところもあります。



乾燥肌をカバーする、という意味合いでは、むしろ美容液の後に仕上げ用パウダーだけをつけておけば、肌に余計な負担をかけることなく保湿して、日焼け止め効果もあるのです。



生活のいろいろなシーンで、いかに肌に負担をかけずに保湿するか、ということが肌を乾燥から守るポイントになるのです。

危ないと噂されるファンデーションの成分、本当のところ

ファンデーションだけでなく、化粧品にはたくさんの成分があり、中には肌への負担や刺激になるものも少なくありません。

ですが、肌につける成分は、薬事法で厳正に規制されています。



よほどの敏感肌でない限り、市販されている商品は大丈夫ですが、中には強めの成分もあり、刺激を受け続けることによって炎症を起こしたりすることがあります。



また、外国産の化粧品を個人輸入した場合も、日本では規制対象の成分が入っていることがあります。



ファンデーションに使われている成分の噂が、実際のところはどの程度のものなのか、ご紹介します。

タルクはキケン?

タルクというのは、ファンデーションに含まれる鉱物の一種です。有害な石綿の一種がタルクと構造が似ており、人体に有害なのではないか、との疑問があがったことがありましたが、化粧品の中に入っているタルクは石綿とは別物です。



吸い込んでも、石綿のように肺にのこることはなく、外に排出されますが、どうしても気になるようであれば、タルクフリー表示のファンデーションを選ぶとよいです。

ファンデーションの防腐剤は、どれくらい刺激があるのか

化粧品の中に含まれている油分や、グリセリンなどの保湿成分はカビや細菌などが発生しやすく、常温で管理するのは難しいものです。



しかし、薬事法では未開封の化粧品は3年は品質保持するように指導していますので、防腐剤が使われることが多いのです。

水分が含まれるリキッドファンデーションは、微生物が繁殖しやすい状態にありますので、防腐剤が配合されています。



以下によく使われる防腐剤の種類と特徴をご紹介します。

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)

抗菌力が強く、幅広い範囲の微生物に効果があります。毒性は低く、刺激や過敏症の症例も少ないです。



パラベンには複数の種類がありますが、以下のパラベンは同時に何種類も含まれていても「パラベン」という表示になっていることが多いです。



パラベンの種類

メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、イソプロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン、ベンチルパラベン


安息香酸(ベンゾイン)

香料として使われる樹脂の一種で、抗菌・静菌(菌の増殖を防ぐ)作用があり、食品にも使われています。

デヒドロ酢酸ナトリウム

水に溶けやすく、防かび剤や殺菌料として使われることが多い。漬物など食品や、酵素入り歯磨き剤につかわれたりしています。

ヒノキチオール

ヒノキ油、ヒバ油に含まれている抗菌剤の一種。低毒性で、香料としては歯磨き粉やヘアトニックに使われています。

フェノキシエタノール

抗菌力は弱いですが、パラベンが効きにくい菌に有効で、シャンプーにも配合されています。

天然成分であれば、人体への危険性はないのか?

よく、「天然成分だから肌に安心」とうたっている商品がありますが、天然イコール安全ではありません。天然成分の中にも刺激が強いものはたくさんあります。

合成物質でも肌へつけて良いもの、食品に含んでもよいもの、とそれぞれグレードがあり、規制されています。



防腐剤は、製品中に微生物が増殖しないように配合されてありますし、通常の使用であれば、人体に影響がでるようなものではありませんが、乾燥肌や敏感肌など肌の状態が弱っている場合は、刺激として感じることがあります。



防腐剤が肌への刺激になるから使っていない製品を使いたい、となると、製造段階から無菌状態にされた商品を選ぶようにします。




製品を使いだしてからは、化粧品が空気や手に触れることによって雑菌が繁殖を始めますので、ファンデーションを塗る前に手を清潔にしたり、使ったあとのスポンジをこまめに洗ったり、衛生状態に気を付けましょう。



防腐剤が入っていない製品を使いたいときは、水分がないような、もともと腐りにくい状態である製品を選ぶか、無添加をうたったものを短期間で使いきってしまうか、の二つの選択に分かれます。



敏感肌や化学物質過敏症の方は、特に気を付けなければならない成分はたくさんありますが、通常の乾燥肌であれば、つけてみて刺激を感じたり肌に異変がなければ、気にしすぎる必要はありません。

悩み別ファンデーションの色の選び方

各メーカーでファンデーションのカラーバリエーションは違いますが、色の合わせ方は同じです。

できればサンプルを取り寄せて、顔と首の境目にぬって色が浮いていないかチェックします

標準はベージュ系

各メーカーには標準となるベージュ系があります。標準からやや白い人、やや黒い人、と色選びの基準にしている人が多いですが、色が合わない場合は次の選び方を参考にしてください。

・シミが気になる人は、濃い色を選ぶ

シミが気になる人は色が白い人が多く、ファンデーションも明るめの色を選ぶことが多いですが、シミの色を目立たせないためには、濃い色を選びましょう。



シミの色が、濃いファンデーションにぼかされて目立たなくなります。

・顔がくすんでいる人はピンク系を選ぶ

ピンク系を選ぶと、全体の血色が明るくなり元気に見えます。若い世代の人よりも、年齢を重ねた方におすすめです。
また、ピンクは肌の黄みが強い人にもおすすめです。

・ベースとなる色が浮かないようにするには

色を合わせるときに、首にぬってしまうと色が合いません。サンプルファンデーションをつける位置は、耳の下あたりのアゴのラインがいいです。



境目の色がなじむと、顔全体がなじんで見えます。

仕上げ用のパウダーとファンデーションとの違い

ファンデーションは油分がついていますが、仕上げ用のパウダーに油分は入っていません。



仕上げ用のパウダーは色味を出す顔料が少なく、ファンデーションとチーク、シャドウなどをなじませて艶を出したり、崩れ防止に使用したりします。



ブラシでパウダーを取った後に、手の甲で余分な量を払って頬の中心から円を描くようにつけます。乾燥肌の人は、皮脂が出やすく化粧が崩れやすいTゾーンだけにつけると乾きにくいです。

乾燥肌は、ファンデーションにムラができやすいので、肌の土台づくりから丁寧にしましょう。洗顔後に化粧水や美容液をつけるときからベースメイクは始まっています。



肌への栄養はハンドプレスでしっかりと浸透させること、ファンデーションは余分な量をとってから叩きこむようにつけること。



この2点を守るだけで肌の印象が違ってきますし、化粧崩れもしにくくなります。



ちょっとした工夫で、肌の悩みはカバーすることができるので、ぜひ今日から実践してみてください。

PR

無農薬栽培米を主原料とした100%天然由来のファンデーション

↓クリックすると公式サイトを開きます