お風呂あがりにカサつかない!しっとり肌になる厳選テクニック

お風呂上りにカサカサして、夜中にかゆくなって掻きむしってしまう、乾燥肌によくある症状です。肌が乾燥する条件の一つに、皮脂が少ない状態になっている、ということがあげられますが、お風呂ではかなりの皮脂が失われています。

汚れだけをとって、洗いすぎない、また入浴後につける保湿化粧品の効果を上げるためのテクニックをご紹介します。

スポンサードリンク


お風呂で乾燥肌になる3大習慣とは?

乾燥肌になるお風呂での主な習慣は、次の3つです。

1.熱いお湯で洗うこと
2.ボディソープや石けんなどの洗浄剤で洗いすぎ、皮脂が落ちすぎること
3.シャンプーなどの強い洗浄成分が肌に残っていること

この三点に気を付けるだけで、乾燥肌は劇的に改善されはじめます。

熱いお湯は想像以上に皮脂を奪っている

お風呂の乾燥肌対策

まず、お風呂に入るとき、湯船の温度もシャワーの温度も気を付けましょう。シャワーは家族の誰かが高めに設定したままになっていませんか?
シャワーは、冬場は41度、夏場は39度くらいまでがいいでしょう。湯船につかるのなら40度までに設定して、すばやく上がるようにします。

湯船につかるだけで、皮脂はずいぶんと落ちていますし、温度を1度上げることで、さらに皮脂がはがれやすくなります。
台所で油がついたお皿を洗うときに、熱いお湯で流すと、あっという間に油分がなくなりますが、肌の上でも同じことがおきるのです。

ボディソープは強力な洗剤。乾燥肌はいますぐ石けんに切り替えて

次に、ボディソープはやめて、固形石けんに変えましょう。ボディソープの方が泡立ちが早くて便利だと使ってい方が多いのですが、実は洗浄力が強すぎるので、結果として皮脂を取りすぎてしまうのです。

ボディソープに比べると、石けんは洗浄力が落ちますが、その分刺激を与えにくくなり、洗いすぎを防ぎます。

多くの人が見落としている、シャンプーリンスのすすぎ残し

シャンプーやリンスを丁寧に落としたつもりでも、実はけっこうすすぎ残しが多いのです。すすぎ残しがあると、においの原因にもなりますし、何より乾燥肌への刺激になります。

シャンプーは、洗う時間の3倍かけてすすぐようにし、首の襟足から上にかけてすすいでいきます。

洗った後に、ロングヘアの方は毛を束ねて軽く水けをとったり、簡単にタオルドライすると、水けに残った微量な洗浄成分が、顔や体につきにくくなって肌への刺激を防ぎます。

まちがった手順がますます肌を乾燥させる。お風呂での正しい洗い方とは

なんとなくやってきたいつもの洗い方が、肌を乾燥させる習慣になっています。洗いすぎたくはないけれど、汚れはしっかり落としたいときに、何に気を付ければいいのかまとめました。

タオルが硬いと肌も硬くなる。タオルで洗わずに、手で洗う

乾燥肌によくある間違いが、ナイロンのタオルでごしごし洗っているということです。
夏場などは、全身スッキリしたように思えるのですが、必要以上に刺激を与えすぎるので、肌がゴワゴワになってしまいます。

一度肌の状態が悪化すると、4~6週間もの時間をかけて回復します。、ナイロンタオルやボディブラシなどの使用は絶対にやめましょう。

一番いいのは、石けんを泡立てたら、手で直接洗うことです。石けんの泡を転がすようにして洗うと、肌への刺激を抑えることができます。

背中など、手が届きにくいところへは、綿やシルクなどの肌あたりのやさしいタオルを使って洗いましょう。

タオルを使うならシルクタオルがおすすめ

どうしてもタオルを使って洗いたいときは、シルクのタオルをおすすめします。
シルクはお肌との相性がよく、肌に潤いを与え古くなった角質を落とします。老化をおさえ、肌の新陳代謝を活発にする働きがあります。

ただし、シルクのタオルの特性として、泡立ちが極端に少なくなりますので注意してください。

乾燥肌の方以外にもアトピー性皮膚炎や、肌の痒みがある方にもおすすめです。

かかとを削ってはダメ!保湿やシルクの靴下で角質を柔らかくできる

お風呂でかかとをふやかして削り、角質をとってしまう人がいますが、角質は削ってはいけません。一時ツルツルになったように思えますが、すぐにガサガサになってしまいます。

かかとがどうしても気になってしまう場合は、こってりとした尿素入りの保湿クリームをたっぷり塗りこんで、シルクの靴下をはくのがおすすめです。

シルクは吸湿性に優れているので、蒸れもなくしっかり保湿することができます。

シルクは靴下に限らず、下着でもシルクを選ぶと、体の乾燥改善に効果を発揮します。綿素材は洗濯を繰り返すことで角がたち、肌に刺激を与えることがあります。

乾燥がひどいときは、下着をすべてシルク素材に変えることをおすすめします。

順番は頭→体→顔で洗う。すすぎ残しがないように洗おう

洗う順番は意外に大事なことです。
順番が変わってくると、洗い流した成分が体や顔に残ってしまうことがあります。

シャンプーを最後にしてしまうと、洗い流した泡が背中などの気が付きにくい場所に残ってしまうことがあります。シャンプーは特に洗浄成分が強いので、体を洗って洗い流すことで、シャンプーのすすぎ残しが体に残ることを防止します。

顔についても同じことが言えますが、洗顔後、生え際に洗顔料のすすぎ残しがあると、吹き出物や肌荒れの原因になります。すすぎ残し防止には、お風呂場には鏡を持って入ってチェックすると効果的です。

お風呂上りのケアは、乾いてしまう前にする

ボディケアも顔の化粧水も、タオルでふいて着替えた後につけていませんか?
当たり前ですが、浴室と脱衣所とでは、湿度も温度も全然違うので、脱衣所に出たとたんに肌の湿り気も空気中に奪われてしまいます。

肌の湿り気が奪われてしまう前に、ボディケアもフェイスケアもしてしまいましょう。

浴室でタオルドライは当たり前。ボディケアもフェイスケアも浴室で。

タオルドライまでは、湿気がある浴室でしているという人も多いですが、ボディクリームをぬったり、化粧水や美容液をぬるところまで浴室で済ませてしまいましょう。

浴室で水分を完全に拭き取ることで、乾燥肌にいいのはもちろんのこと、冬場にあるヒートショックを防ぐ効果もあります。

ヒートショックというのは、浴室から脱衣所のように温度差が大きいところへ移動したときに血圧が急変する現象のことで、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。年配の方だけの症状ではなく、若い人でも起こり得る事故ですので注意しましょう。

話がそれましたが、浴室での保湿ケアは、皮脂を失われたばかりの肌にとって、刺激を受けにくく乾燥を防ぐのにとても効果的です。
アイテム一つ一つが渇くのに多少時間がかかりますが、美容液までつけてしまえば、クリームは部屋でゆっくりつける、などケアを分担しても大丈夫です。

オイルパックは皮脂を落とした後にする

お風呂に入る前から肌にオイルをぬって、お風呂に入って洗うというオイルパックがありますが、洗うときに、オイルの油脂も洗い流してしまうので、結局乾燥してしまいます。

肌から汚れや余分な皮脂を落とした後、肌が温まって柔らかくなってから栄養分をつけた方がよいです。

またオイルを塗ると、春から秋にかけての紫外線が強い季節は日焼けします。オイルを塗った後に外出するときは長袖などを着るか、日焼け止めを塗るようにします。

乾燥肌の人はお風呂に入れる重曹や精油がおすすめ

湯船に入浴剤を入れて使っている人も多いと思いますが、乾燥が改善されないときは目的を分けて使うといいです。

体を温めたり汚れを吸い取るという目的で使いたいときは、重曹を使いましょう。一回の目安量は、料理に使うカップの半分から1杯くらいです。

重曹自体は、料理、掃除、除菌、虫歯予防などに幅広く使われている成分で、安全性も確率しています。

硬くなった角質を柔らかくする効果もあるので、かかとなどのひび割れに悩んでいる人や、乾燥しているのに背中にニキビができている人などにおすすめです。

ただし、重曹湯には保湿効果はないので、湯上り後にたっぷりと保湿することは忘れないでください。

バスオイルを使うと、湯船につかるだけで保湿ケアができる

乾燥の程度が軽く、湯船だけで保湿を終わらせたい、という場合はバスオイルがおすすめです。

湯船にオイルを直接入れることで肌に油分が残り、入浴剤よりも保湿効果があります。普通のボディオイルよりも、アロマテラピーで使われる精油や、精油が入ったキャリアオイルがおすすめです。

キャリアオイルというのは、エッセンシャルオイルを希釈する植物性オイルのことです。オリーブオイルやグレープシードオイル、ホホバオイルなどが単独、またはブレンドして使用されます。

乾燥肌におすすめのオイルは、ラベンダー、サンダルウッド、ローズ、ジャスミン、ゼラニウム、ベルガモッドなどです。
湯船1杯につき、4,5滴が目安です。精油を薄めたキャリアオイルなら、入浴後にタオルドライして浴室でつけても効果的です。顔には使用せずに、腕や足など乾燥しやすく、皮膚が厚い部分につけます。

ただし、オイルが入った浴槽のお湯は風呂釜をいためやすかったり、洗濯には使えなかったりするので注意が必要です。毎日連続して使用するのではなく、週に3回程度くらいの頻度にし、使用後の浴槽をきちんと洗浄してください。

また、妊娠中の人や3歳未満の乳幼児は、肌が敏感なので使用を避けます。

肌に直接つけのに向いていないオイルはタイム、フェンネル、シナモンなどや、柑橘系のオイル、ティーツリー、グレープフルーツなどがあげられます。刺激が強かったり、付けた後の皮膚が紫外線に当たるとシミになりやすかったりと直接肌にあたるのは好ましくないので、お風呂での使用はさけるようにします。

精油は体をリラックスさせる効果があるので、適切なオイルを適量使用することで、熟睡をさそい成長ホルモンの活性化が期待できます。

乾燥肌に良い温泉はある?

一般的に美肌の湯と言われている温泉は、アルカリ温泉が多いです。佐賀県の嬉野温泉、島根県の斐乃上温泉、栃木県の喜連川温泉などが「日本三大美肌の湯」と言われています。

ぬめりのあるお湯は、ナトリウムを多く含む重曹泉が多く、皮脂や分泌物を乳化して洗い流し、湯上りは一皮むけたようなつるつるスベスベの肌になります。

その他にも塩化物泉と言われる塩分を含む温泉が、乾燥肌におすすめです。塩化物泉は、皮ふの表面にくっつき、皮脂やたんぱく質と結びついて皮ふに膜をつくり「温泉パック」のような状態になります。

塩分が汗の蒸発や熱の放出を防ぐ効果があり、殺菌効果に優れていて、いつまでも温かさが続くので湯冷めしにくいという特徴があります。

肌をしっとりと保湿してくれるのと同時に、血行もよくなり、神経痛や筋肉痛などの痛みを和らげます。

塩化物泉の代表的な温泉地は、静岡県の稲取温泉、山形県の赤湯温泉、長野県の渋温泉などがあります。

注意が必要なのは温泉に塩素が添加されているかどうかです。源泉かけ流しの温泉は、消毒用の塩素を入れる必要はないので、温泉そのものの効果を受けることができますが、循環風呂などでは、レジオネラ菌の繁殖を防ぐために塩素が添加されています。

塩素を使うこと自体は衛生面を考えると仕方のない事ですが、乾燥肌や敏感肌にとっては強い刺激となるので、温泉自体の効果と塩素によって受けるデメリットと、どちらが大きいのかをはかりにかけることになります。

かけ流し以外の温泉に入るときは、自分の肌の状態と相談しながら入りましょう。

お風呂も清潔に!

お風呂で快適に過ごすためには、カビ取りなど掃除をこまめにしておきましょう。せっかく体を清潔にする場所なのに、石けんやシャンプーのボトルがぬるぬるしていると雑菌の温床になります。

体を洗うタオルも、ぬれたまま放置していませんか?お風呂の環境は、通気をこまめにして乾燥をこころがけましょう。

最近出ているカビ防止の燻煙剤は銀イオンを利用してカビを防止するため、人体に影響がでるような薬剤はなく、安心して使うことができ、2か月近くカビが生えずに清潔な環境を保ちます。

すっきりきれいなお風呂で体を洗うようにしましょう。

お風呂で一番落とされてしまう、大事な皮脂を守るための約束事をご紹介しましたが、覚えていてほしいことは「洗いすぎない事」と「お風呂上りの保湿」です。この2点を守るだけでも、しっとり肌に改善されていきます。

夏も油断せずにここちよい保湿を心がけましょう。