脱毛で乾燥する?いつものお手入れが肌に与えるダメージとは

女性ならほとんどの方が一度は気にしたことがある、ムダ毛の処理ですが、乾燥肌だといろいろなトラブルがおこりやすいのが事実です。

一般的なカミソリでの処理は、肌にダイレクトにキズをつけてしまい、乾燥が悪化したり炎症がおこって赤くなったりかゆみを感じたりします。

サロンやクリニックでの脱毛時には、乾燥がひどいと施術してもらえないことがあります。

脱毛をする前に読んでおいてほしい注意事項をまとめました。これから脱毛を考えている人は、しっかり保湿してツルツル肌を目指しましょう。

なぜ脱毛で乾燥するのか?

脱毛と乾燥の関係を考えるときは、日焼けした肌を思い出してみてください。一見関係なさそうですが、実はクリニックやサロンで脱毛するときは、日焼けと同じようなことが、ごく小さな範囲でおこっているのです。

日焼けで肌が乾燥するのは、太陽の紫外線や熱によって肌の表面がダメージをうけて炎症を起こし、水分が蒸発するからなのですが、光やレーザーを照射して行う脱毛も、毛や毛根、その周辺の皮膚にダメージを与えて水分が奪われています。

また、体毛は肌の保護をしたり、体温の維持をするという役割があります。

体毛をとってしまうと、外部からの刺激を受けやすくなったり、体が冷えやすくなったりするので、体の表面がより乾燥しやすくなるのです。

よって、脱毛前後は肌の保湿をしっかりと行うことが重要なのです。

もともと乾燥肌やアトピーの人は脱毛できる?

肌が乾燥していると、脱毛の効果を得にくかったり、脱毛後の皮膚の回復が遅くなったりするので、施術できないことがあります。

また、アトピーの人は施術する場所に症状が出ていなければ脱毛できますが、炎症を起こしていたり、肌が敏感な状態だと施術できません。

これは、クリニックやサロンだけでなく、自己処理をする時にも同様に考えます。肌を傷めてしまうと、脱毛効果が現れないくいだけでなく、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

必ず、肌のコンディションが整ってから施術するようにします。

乾燥肌が脱毛前に気を付けたいこと

肌のコンディションを整えるために気を付ける注意事項は、保湿と紫外線対策です。

保湿と紫外線対策は、乾燥肌にとって季節を問わず常に気を付けるべきことですが、脱毛前は特に気をつけます。

最初にも述べましたが、日焼けは肌への負担がとても大きく、日焼け跡を回復させるのにとても時間がかかります。年齢によっては、肌が生まれ変わるターンオーバーに時間がかかり、1回日焼けしただけで脱毛の時期をずらさなくてはならなくなります。

また、保湿も脱毛予定の場所にはしっかりと行いますが、脇は敏感な場所なので、セラミドなどが配合された保湿美容液がおすすめです。

乾燥肌への保湿は油分よりも保湿成分を補給したいので、クリームだけべたべたぬって終わり、としないように注意しましょう。

肌に負担をかけない脱毛方法は?いろいろな脱毛のメリットデメリット

肌への負担を考慮して脱毛、除毛している人がほとんどだと思いますが、配慮が実感できているかといえば今一つ、という方も多いと思います。

脱毛が肌へ負担がかかるのは事実ですが、では負担を減らすためにどういったことをすればいいのか、いろいろな脱毛方法とメリットデメリット、負担の軽減方法について考えます。

圧倒的多数のカミソリ除毛は、肌への負担が大きい

ムダ毛の処理してる7割前後の人がカミソリによる除毛を行っています。カミソリによる除毛は手軽でコストも安いですが、毛だけでなく肌も直接そぎ取られるので、ダメージが深いのです。

あらゆる肌質の人でも剃った後は乾燥が進み、かゆみが増しますので、カミソリを使う人は剃る前後の保湿をしっかりと行い、剃った後、保冷剤などで最低でも5分は冷却を行います。

シェービングクリームは、乾燥肌には刺激がつよいタイプもありますので、石けんを良く泡立てて代用してもかまいません。

乾燥肌の人は、カミソリでの除毛は、なるべく避けましょう。

電気シェーバーはカミソリより肌への負担が少ない

肌を直接削らないといった点では、カミソリよりも負担は少ないです。ただし、刃先を肌に押し付けると、カミソリと同じ状態で肌を削ってしまいます。

長い毛足を同時に刈り込んだり、毛先を引く力がつよいタイプは肌への負担も多いので、保湿と冷却をしっかり行いましょう。

毛抜きは肌にとっては危険。埋没毛で毛嚢炎の心配も

毛抜きを使って脱毛は、ワキなど部位によっては4割近くの人が利用していますが、毛抜きで抜くのは皮膚の一部分を引きちぎるので、強い痛みがあり、出血や炎症をおこしやすい状態になります。

毛根にある毛母細胞を引きちぎり炎症がおこると、膿を持ちやすく、炎症跡はシミになりやすくなります。

また、埋没毛といって毛穴の出入り口がふさがることによって、毛が毛穴の中で出きれずに埋まってしまうことがあります。埋没毛は色素沈着をおこしたり、毛嚢炎をおこしたりする原因になります。

埋没毛ができてしまった時は、炎症が起こらなければ放置しておいてもかまいませんが、目立つ位置にできてしまったり、炎症をおこしたりしたときは皮膚科で切開して取り出します。

毛嚢炎は細菌感染の一種なので、皮膚科での治療が必要です。

毛抜きは、カミソリと同様に自己処理で利用する人がとても多いのですが、トラブルも多いので、できるだけ避けましょう。

クリームやワックスを使った除毛について

乾燥肌にとって、クリームやワックスはカミソリなどと同様に、肌への刺激が強すぎることがほとんどです。特にワックスは塗った後にはがす行為により、表面の角質層もはがしてしまう危険性があります。

ブラジリアンワックスなどは、デリケートなVIO脱毛に使われることが多いですが、自己流で行ってしまうと、内出血など大きな皮膚ダメージをおこしてしまいます。

VIO部分は乾燥をおこしやすいわけではありませんが、生理前後など肌が敏感になっている時期は避けた方がよいですし、VIO脱毛を行うなら、サロンやクリニックで行った方がダメージも処理残しもないのでおすすめです。

恥ずかしいから、自分で処理したいという気持ちはわかりますが、デリケートな部分はプロにお任せした方が満足な仕上がりになりますし、安全です。

拍子抜けするほどアッサリ終わって、しかもキレイに仕上がるので、一度はプロに施術してもらうことをおすすめします。

脱毛サロン体験談はこちら

家庭用脱毛器は手軽だけれどコストも手間もある程度かかる

家庭用脱毛器は光を当てるタイプや、抜くタイプなど機種やメーカーによって様々です。家で手軽に行えてカミソリや毛抜きほどのダメージがないのがメリットです。

デメリットとしては、サロンやクリニックほどの出力(パワー)がないため、一回の施術での効果が薄いこと、手が届きにくい体の裏側や、凸凹がある脇などの部分ではキレイに処理できないこと、抜くタイプは痛みが大きいこと、などがあげられます。

機器自体の値段も幅がありますが、場合によっては光脱毛の施術より高くなることもあります。脱毛に行くのが恥ずかしい、通える距離にサロンやクリニックがないといった方にはおすすめです。

光脱毛やレーザー脱毛は時間がかかるけれど、痛みが少なくケアがしっかりしてる

サロンやエステでの脱毛は光脱毛という方法が主流です。一方、美容クリニックではレーザー脱毛が主流で行われていますが、光脱毛とレーザー脱毛は皮膚の表面の黒い部分(メラニン色素)に反応して毛と毛母細胞を焼くといったしくみで、原理はほぼ同じです。

黒い部分に反応するという特徴のため、脱毛前に日焼けしてしまうと、黒くなった肌の色に反応し、やけどを起こしやすくなります。

また、施術前に自分で長い毛を処理しなければいけないサロンもあるので、施術の条件などの確認が必要です。

光脱毛は自己処理よりも処理漏れがないこと、施術後の処理がしっかりしていること、痛みが少ないことなどがメリットです。また、ある程度広い範囲を一気に照射するので、施術の時間が短く済むのが利点です。

デメリットとしては、1回の施術で効果が現れるのが2週間後だったりとタイムラグがあること、毛周期の関係で1回の施術だけでは終わらないことや、2回目までの間隔を2か月以上開けなければいけないなどがあげられます。

レーザー脱毛は、光脱毛よりも出力(パワー)が強く、1回の効果が高いのが特徴です。光脱毛よりもレーザー照射の範囲が小さく、痛みを感じやすいというデメリットがありますが、クリニックでしか施術できないので、肌トラブルが起きやすい方には安心です。

光もレーザーも1回あたりの肌への負担は決して小さくありませんが、後々の処理が簡単に済むこと、自己処理と違ってアフターケアがしっかりしていることを考えると、乾燥肌の人にもおすすめできる方法です。

脱毛当日の過ごし方。刺激をあたえない、安静にすることが鉄則

脱毛をすると肌が乾燥することは前述しましたが、脱毛後にも気を付けるべきポイントがあります。

施術後は刺激を受けやすい状態になっているので、どのような脱毛方法であろうと、当日は運動、お風呂の湯船につかる、など体温があがる行為は避け、指示された以外のクリームなどは塗らないようにします。

シャワーを浴びるときも、ぬるま湯にしましょう。また、体の各部位が敏感になりますので、飲酒やトウガラシなどの刺激物を食べることも避けましょう。

脱毛翌日より保湿をおこないますが、かゆみや腫れが現れたら施術したサロンやクリニック、皮膚科などに相談します。

乾燥肌の脱毛部位別注意事項

体は部位によって柔らかかったり、デリケートだったりと刺激を感じる度合いが違いますし、季節によっても肌の調子はちがいます。脱毛時には、部位別の注意事項がありますので、脱毛する前にチェックしてください。

鼻の下の脱毛、肌が敏感になっている時はお休みする

鼻の下の産毛を除毛したり、サロンで脱毛したりする人は多いですが、花粉症などのアレルギーを持っている人は、症状が悪化している時の施術は避けた方がいいです。

アレルギー症状がでているときは、肌のバリア機能が弱まっているので肌へ刺激を与えてしまうと、ますます悪化することがあります。

一定の症状が治まるまでは、施術を控えて保湿に専念しましょう。

二の腕の内側、ももの内側はデリケート。脱毛時にトラブルがないかチェック

脱毛サロンなどでは、傷や打ち身がある部分に施術してもらうことができないのですが、二の腕にはよく「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」が見られることがあります。

毛孔性苔癬とは、ぶつぶつと毛穴が盛り上がってる状態のことで、一般的によくある皮膚疾患で放置していても害はありません。年齢とともに消えることが多いのですが、あまり広範囲にあるとサロン脱毛の施術対象外になってしまうことがあります。

ただし、クリニックでレーザー脱毛する場合は施術対象となりますし、施術後に毛孔性苔癬も一緒に消えることが多くみられます。

角質と一緒に詰まった毛を、毛穴から取り出すことにより毛穴がスッキリきれいになって、症状が解消されるのです。また、脱毛を行うことによって、原因であった毛そのものがなくなるので、再発しにくくなります。

VIO脱毛でかゆみが!デリケートな部分の対処法とは

ビキニラインの周囲を脱毛するVIO脱毛は、清潔感や蒸れから解放されるなどの理由で、世代を問わず人気の脱毛です。

VIO脱毛を始めると、最初の1,2回はかゆみを感じることがあります。処理した部分生えてきた短い毛が皮膚にあたったり、皮膚があらわになって下着に触れることで刺激になったりするからです。

他の部位のようにかゆみ止めを安易に使ってしまうと、逆に痛みまで感じてしまうので、まずは下着の上から保冷剤などで冷やしてみましょう。あとは、締め付けない通気性のよい下着に変え、スキニーパンツなど肌に密着するような服は避けます。

かゆみは、最初の2,3日くらいで治まることがほとんどですが、あまりに長引いたり炎症を起こしてしまった時は、施術したサロンやクリニック、皮膚科に相談しましょう。

デリケートな部分ですので、自己判断でステロイド剤などの塗り薬を付けることだけは絶対にやめましょう。陰部のステロイド吸収率はとても高く、思わぬ疾患がでることがあります。

また、市販のかゆみ止めも「l-メントール」などのスーッとする成分が入ったものは、強い痛みになって症状を悪化させます。どうしてもがまんできないときはベビー用や敏感肌用のかゆみ止めを使うようにしましょう。

蒸れが治まったり、毛穴がつまって目立つことがなくなったりと、いいこともたくさんある脱毛ですが、肌トラブルを起こさないためには、必ず次の事項を守りましょう。

1.脱毛前に皮膚を清潔にする
自己処理でも、プロにしてもらう場合でも、必ず肌表面の雑菌を落として脱毛しましょう。

2.脱毛後は最低5分以上冷やす
脱毛や除毛をすると、必ず皮膚は熱をもちます。かゆみや炎症を起こさないためにしっかりと保冷剤などで冷やしましょう。

3.体調が悪いときは脱毛しない
体調が悪いときは、皮膚の免疫機能がどうしても下がってしまいます。無理に脱毛すると、皮膚の回復が遅れたり雑菌が繁殖したりします。睡眠や栄養を十分取って、体調を整えてから脱毛しましょう。

色々な脱毛方法をご紹介しましたが、乾燥肌を悪化させないのはサロンやクリニックでの脱毛です。

脱毛すること自体は、どうやっても乾燥を招いたり肌に負担をかけたりしてしまいますが、事前、事後に冷却や保湿などの処置を的確に行うことで、少しでもダメージを減らすことができます。