生理前に肌が乾燥する人必見!女性ホルモンとの上手な付き合い方

女性の体は女性ホルモンによって、ひと月ごとに変化を繰り返しています。

体内の臓器だけでなく、全身をつつこんでいる皮膚も臓器の一つであり、女性ホルモンの変化に左右されます。

カサカサになる乾燥肌や、乾燥してるのにニキビができる、などの皮膚トラブルは、「皮膚」だけの問題ではなく、内臓の状態やホルモンバランスが乱れていたりするなどの、「身体の内側」の問題であることの方が多いのです。

身体の内側のしくみを知ることで、肌の状態だけでなく身体全体の調子も改善することができるのです。

知っているようで意外と知らない女性ホルモンと皮膚の関係って?

生理前は、女性ホルモンが変化し肌荒れが起こりやすくなる時期です。生理と皮膚には密接な関係があるのです。

生理は、エストロゲンという卵胞ホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンの二つの女性ホルモンの働きによって起こります。

エストロゲンは、思春期から分泌が増えるホルモンで、女性らしい体つきにしたり、卵子を育てるベッドの役割をする子宮内膜を厚くして、妊娠に備えるように働きます。

プロゲステロンは、子宮内膜をフカフカにするなど、妊娠が成立した後に赤ちゃんが育つ環境を作ります。

受精卵が着床しなければ、子宮内膜は出血しながら剥がれ落ち生理が起こります。

エストロゲンは、子宮や卵巣以外にも、皮膚や粘膜、骨や筋肉、胃腸や自律神経、脳にまで働きかけます。しかし、エストロゲンの量が減ってくると、皮膚をはじめとした様々な部位に不調が起こります。

生理前に乾燥や肌荒れをおこすのはエストロゲンの減少が原因なのです。

まずは食事でホルモンバランスを整える

乾燥肌とアトピー

ホルモンバランスは、医療だけでなく食生活からも整えることができます。

「薬食同源」という考え方がありますが、食べ物と薬を同じように考える、ということです。

私たちの体は、食べるもので作られていますので、食べ物の性質、栄養バランス、食べ方を重視して食生活を改善し、体の内側からキレイになりましょう。

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と似た働きをするのはおなじみ大豆イソフラボン

高たんぱくで低脂肪な食品である「大豆」は、胚軸(芽になる部分)に「イソフラボン」という成分が多く含まれています。

イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た化学構造を持ち、体内で同じような働きをすることがわかっています。

また、イソフラボンには、細胞にダメージを与えて老化を招く「活性酸素」の働きを抑える抗酸化作用があります。

イソフラボンを摂るだけで、不足したエストロゲンを補いながら、アンチエイジング作用もあるのです。

イソフラボンを手軽に摂るには、豆腐、厚揚げ、きなこなどを食べるのがおすすめです。1日の摂取量の目安は、豆腐なら半丁、納豆なら1パックです。

お薬ではないので、たくさん食べたからすぐに影響がでるわけではありません。日常生活に程よく取り入れるのがポイントです。

女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」の原料はビタミンE!血液サラサラにも・・?

ビタミンEは、体内の若返りに効果があります。

生理前に分泌がさかんになるプロゲステロンの材料になり、血液サラサラ効果もあります。

末梢血管を拡張させ、血行を良くするので冷えや肩こり解消の成分でもあります。

ビタミンEが多く含まれる食品は、かぼちゃ、アボカド、ごま、ナッツ類などです。

ビタミンCと同時にとると、効果がたかまります。ジャガイモやさつまいもなどと組み合わせて摂りましょう。

忙しくて食生活が乱れているときは大事な栄養素をサプリメントで補おう

バランスのとれた食事をとることができない、といった忙しい時期にはサプリメントを補助的に使いましょう。

コンビニ弁当や、調理パンはカロリーは十分ですが、栄養は十分とは言えません。

とくに野菜やフルーツに含まれているビタミンやミネラル類は不足しがちな栄養です。

食事で補えないときは、マルチミネラル、マルチビタミンといったサプリメントで補うのがおすすめです。

ただし、サプリメントだけで栄養を補うには無理があります。

ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、とりすぎても尿と一緒に排出されますが、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、カロテンなどは、脂溶性ビタミンと呼ばれ、体内に蓄積されます。

蓄積量が過ぎると、肝機能障害や頭痛などの害を及ぼしますので、飲みすぎには注意しましょう。

また、日本ではサプリメントは食品でも薬品でもないあいまいな存在です。

法的な基準がないので、質もバラバラなのが現状です。

サプリメントを選ぶときは良質のものを選びたいですが、選ぶときのポイントが5つあります。

1.栄養分の表示
栄養成分の表示がないような製品はえらばないようにします。特に個人輸入などで海外から買い付けるときなどは注意が必要です。

2.合成?天然?
天然由来の成分で作られているのか、確認しましょう

3.栄養素の組み合わせを確認
栄養素は、単独では吸収されにくく、体内で有効に活用されるように他の栄養素が組み合わされていないといけません。

4.加熱加工した製品は選ばない
ビタミンCをはじめ、栄養素は熱に弱いものが多いです。熱を使って固める製法でつくられたサプリメントは選ばないようにします

5.添加物に気を付ける
3、の栄養素とは区別して、食品添加物に注意します。防腐剤、合成着色料、香料、砂糖などの添加物が入っていないかどうか、確認します。

サプリメントは、薬品とは違って効果が現れるには2,3か月の時間がかかります。もし、合わないようであればすぐに服用はやめましょう。

また、婦人科でピルを処方してもらっている人は、医師に相談してからサプリメントを購入しましょう。

サイト管理人が飲んでいるサプリメント

実はダイエット目的で「DHAサプリメント」を飲みだしたのですが、ダイエット以上に肌の調子がよくなりました。

乾燥肌におすすめサプリ

特に、生理前のカサカサが劇的に改善しました。

さくらの森という福岡市の会社が販売しているサプリです。

他の会社のDHAサプリは臭みが強くて飲めなかったんですが、きなりは臭いが無くて飲みやすかったです。

↓この公式ページからだったら、価格が初回67%引きの税込1,980円です。

「きなり」の公式URL:  https://sakura-forest.com/kinari/

乾燥が特にひどいときは皮膚科、それでもダメなときは女性外来がおすすめ

日常生活でケアしきれない肌トラブルは、皮膚科を受診すると良くなることが多いのですが、女性ホルモンが原因の場合はスムーズに治らないことが多いです。

そのほかにも内科や婦人科の病気や、強いストレスなどの心の問題であることも多く、皮膚科だけで対応しきれないことがあります。

あまりに治りが悪い場合は、女性外来を受診して、全身の状態を調べることも一つの方法です。

女性外来以外では、内科、婦人科でも同様に全身の状態を調べてもらえます。

ストレスが強い場合は、心療内科に相談することもおすすめです。

皮膚科と女性外来に同時期に通院することで、効果的に改善できる場合があります。

女性外来ではどんな診察をするの?

女性外来では心と体の総合的な不調に対して、女性ホルモンのバランスや卵巣機能に問題はないか、内科的な病気が隠れていないか、ストレスなどの精神面での問題がないか、などの視点で原因を探し治療を進めていきます。

生理不順がないかなど、生活の面での問診や、尿検査、血液検査から女性ホルモンの分泌を調べたりします。

別の病気が隠れていたりなど、問題が見つからない限りは、生活習慣の中に肌トラブルの原因があります。

基礎化粧品の使い方から、食生活の内容、睡眠時間は足りているか?など、ささいなことのようですが身体には大きな影響を与えています。

女性外来では、このような生活習慣についても改善点をアドバイスしてくれます。

女性ホルモンに問題があればピルを使うこともある

女性外来で皮膚トラブルの原因が女性ホルモンの乱れである、と診断されたらホルモンバランスを整える治療がされます。

生理不順など、女性ホルモンが原因であるのにもかかわらず放置してしまうと、皮膚トラブルどころか卵巣機能が低下し、全身の老化が早まることもあるのです。

女性ホルモンの治療には低用量ピルが良く使われています。低用量ピルの効果は、卵巣機能をコントロールできるようになり、ホルモンバランスを整えることができるようになります。

ピル以外にも、漢方薬や皮膚の外用薬、抗うつ剤などが使われることがありますが、医師の診断によって専門医に紹介されることもあります。

低用量ピルを服用することに抵抗がある人も多いですが、正しく効果を知り、不安を取り除いて治療することが大事なのです。

避妊だけじゃないんです!低用量ピルの効果って?

低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンを含む避妊薬ですが、ホルモンの働きを改善する効果があります。

ピルは避妊薬なのに肌に効果があるの?

ホルモンバランスを整えることで、肌に分泌される皮脂の量が安定します。肌が乾燥している人は、とくに改善されるので、カサカサ肌も乾燥ニキビも改善が期待されます。

ピルって副作用がありそうで怖いけど?

ピルは、長期服用するようにつくられたものなので、他のお薬よりも研究が重ねられており、膨大なデータが集められています

「低用量」とうたっているだけあって、効果があるギリギリの量まで成分を抑えてあります。ホルモン剤なので、最初の2,3日は吐き気やむかつき、頭痛、胸が張るなどの妊娠初期に似た症状が現れる人もいますが、次第に治まります。

避妊以外にも色々な副効果がありますので、一部をご紹介します。

・子宮内膜が厚くなりすぎないうちに生理がおこるので、出血量が減り、生理痛が軽くなりますし、子宮内膜症になりにくくなります。

・生理周期が規則正しくなるので、生理不順が改善されます

・PMS「月経前症候群」が軽くなり、排卵前後のホルモンの変動もなくなります。

ピルには良い点、悪い点があり、効果は個人差があるので、定期的に医師の診断をうけましょう。

不調の時期をやり過ごす(地味だけど)効果バツグンの方法って?

婦人科などの医療にはかかるほどではないが、肌が不調になる時期はどうにかやりすごしたい、というプチ不調の人には、日常生活に少しプラスするアイテムをご紹介します。

医療ほどの即効性はないけれど、身体にメリハリをつけて肌荒れを改善することは可能です。

毎日30分の運動で交感神経、副交感神経の働きにメリハリをつける

代謝を上げる運動

運動が身体に及ぼすメリットはたくさんありますが、長続きしない人が多いのも事実です。

週に3,4回で、1回30分~60分の時間を確保して運動しましょう。運動の内容は、話ができるくらいのペースであれば何でもいいのですが、ウォーキングだと、少し運動量としてはものたりません。

ステップを使ったももあげ運動や、下半身を中心とした筋力トレーニング、軽いエアロビクスなどの中程度の運動で、交感神経を活性化させることができます。

ヨガはリラクゼーション効果が大きいので、日中の仕事で疲労がたまっている人には副交感神経を活性化させるといった意味ではおすすめです。

夜、布団にはいったときに時間をかけずに眠れるくらいのメリハリがあるのが理想的です。

まちがっても、スマホやパソコンの画面を見すぎて睡眠不足、などにならないように注意しましょう。

プツプツが出来だしたら、アロマでリラックス

すっかり定番になったアロマテラピーを用いたリラクゼーションですが、アロマの効果をよくしらないまま漠然と使っている人も多いです。

そもそもアロマテラピーとは、「芳香療法」のことで、人の心身に有用な作用をもたらす成分を含む植物から、100パーセント純粋なオイルを抽出し、芳香成分を利用して心身のケアを行うことです。

この100パーセント純粋な植物オイルのことを「精油(エッセンシャルオイル)」と呼んでおり、植物によって違う薬理作用があります。

ただし、精油の薬理作用は医学に基づくものではないので、民間療法の一つとして位置づけ利用するものと考えましょう。


女性ホルモンの変化は、自律神経の働きに大きな影響を及ぼします。また、エストロゲンの減少は、肌の乾燥だけでなく骨粗しょう症や認知症にも栄養があることがわかっています。

肌は内臓の鏡なので、体の内側から改善して健康できれいに過ごしましょう

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

2018年もイチオシ!塗るだけ再生医療で細胞レベルのスキンケア
ほうれい線が年々クッキリ。 いつのまにか大きなシミも・・・ 30代を過ぎたら気になりだすシミやシワ。 私はシミ・シワ対...
肌が乾燥してるとシミが増える!出来てしまったシミを消す方法と出来る前のシミ予防
乾燥肌はシミの原因の一つです。 20代の頃はどんなに日焼けしても秋になると静まるし、冬になると元通り、それは肌のターンオーバー...
乾燥肌のクレンジングは成分で選ぶ!2週間で肌質改善する洗い方とランキング
乾燥肌にとってクレンジング選びは難しい問題です。 洗浄力が強すぎるクレンジングや肌に合わないクレンジングを使って、口の周りに白く粉...