漢方で乾燥肌を改善!薬だけじゃない体質と肌の変化への対策

漢方をはじめとする東洋医学では、「皮膚は内臓の鏡」ととらえています。



乾燥肌や乾燥ニキビ、かゆみなどの皮膚トラブルが起こるのは、外部からの刺激に加え、内臓の調子が悪かったり、免疫機能が低下してるなど体の内側に原因があって皮膚に症状が現れていると考えます。



西洋医学では症状を臓器や組織単位で考えますが、漢方では症状は個人のバランスが崩れたために起こると考えるのです。


西洋医学で乾燥肌を治療している人も、漢方からのアプローチで体質改善をはじめましょう

漢方は症状ではなく体質に合わせて対処をする



漢方では始めの診断で患者さんの体質を見極めます。漢方の体質は「証(しょう)」と呼ばれています。

証は、おおまかに分けて二つの判別を行いますが、一つ目が「虚・実」という体力や病気に対する抵抗力の判定です。


「虚証」は体力や抵抗力があまりない状態のことで、「実証」は体力や抵抗力が充実している状態のことです。中間の状態体力も抵抗力も普通にある状態のことを「中間証」といいます。

もう一つの判定が「気・血・水」で、生命活動を維持するのに必要な要素のことです。

「気」は生命活動エネルギー、「血」は血液とその働き、「水」は血液以外の体液と働きのことです。この3つのバランスが保たれている時が、健康な状態であり、どれか一つでも不足していると不調が起こると考えられてるのです。

漢方での治療は、主に自然界の動植物や鉱物から作られた「生薬」が用いられます。生薬を合わせた漢方薬が、一部分の症状ではなく、「証」に合わせて処方されます。



同じような皮膚トラブルが起こっていても、証によって飲む薬は変わります。自分の証に合った薬を飲むことで体質改善され、肌トラブルが治るのです。

「気・血・水」のバランス改善がポイント



ストレス軽減や、リラックスなどの「心の在り方」、「食生活」、睡眠をしっかりとるなどの「休養」、3つの要素が
乾燥肌を改善する基本となります。

乾燥肌の人は、「血」「水」の不足が原因であると考えられています。血行が悪く、うるおいの素となる栄養を全身にいきわたらせる血が不足するので、肌が乾燥するのです。

偏った対処でなく、生活をトータルで改善することが大切になってきます。

カサカサの乾燥肌で冷え性は「血虚(けっきょ)」



血が足りなくて、栄養が届いていない血虚(けっきょ)と呼ばれる状態では、肌がカサカサに乾燥し、皮がむけたりします。髪もパサついていて、冷え性だったり、目の疲れがおこりやすく、よくめまいがします。

血虚を改善するには、肌に栄養を届ける漢方薬「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」がおすすめです。

婦宝当帰膠はセリ科のトウキという植物の根をはじめ、セリ科のセンキュウの根、オウギというマメ科の根などの生薬を加えた漢方薬です。

血を補い体を温めて、血のめぐりを良くする効果があります。乾燥肌以外にも、貧血や冷え性、肩こり、頭痛、生理不順などの症状にも使われています。


かゆみを伴う乾燥肌には「当帰飲子(とうきいんし)」がおすすめ



虚弱体質で風邪をひきやすく、冷え性で肌のかゆみを伴う乾燥肌は血虚と虚証が同時に起こっていることがあります。

当帰飲子という漢方薬には生薬のトウキ、センキュウ、ジオウ、シャクヤク、ケイガイ、ボウフウなどが含まれており、皮膚に潤いをあたえ、かゆみを鎮める効果があります。

当帰飲子を服用するときは、胃腸が弱い人、食が細い人は注意が必要です。



敏感肌で体力がないタイプには「黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)」



体力が落ちている時は、皮膚が敏感になり、乾燥がひどく悪化することがあります。まず、体力を充実させることを優先するために、黄耆建中湯を使います。

黄耆建中湯には生薬のオウギ、ケイヒ、シャクヤク、ショウキョウなどが含まれています。



漢方薬はどこで買える?



漢方薬は、漢方薬専門店、ドラッグストア、漢方薬を処方してくれる病院のいずれかでかうことができます。

それぞれのメリットデメリットでいうと、漢方薬専門店はお客さんに合わせて、お店で独自に生薬を配合できることがメリットです。その反面、1万以上の高額になってしまうこともあり、人によっては不信感をいだくこともあります。

ドラッグストアで買える漢方薬は、製造メーカーが作っている漢方薬のエキスを下流にしたものです。

すでに生薬が配合されていて、1包分ずつになっているので手軽に続けられますし、価格も薬代だけで安価です。

ひと箱でだいたい1000円から3000円程度で買えます。デメリットは、初めて使う漢方薬だと、本当に自分の体質や症状にあっているかわからない、とういことです。漢方に詳しい薬剤師がいると相談できるのでおすすめです。

最後に、病院で処方してもらう漢方薬ですが、漢方専門医に相談できることによって自分の体質・症状により的確な薬を使えることが期待できます。

処方される薬はドラッグストアで売っている漢方薬と大差ありませんが、保険が適用されるので薬自体は安く買うことができます。デメリットとしては、検査や診断してから、漢方薬の処方と時間がかかること、検査費用や診断料などの病院代がかかることです。

また、保険適用できる薬の種類が限られています。


漢方薬を製造・販売しているメーカーは、ツムラ、クラシエ(旧カネボウ)、小太郎漢方製薬、三和生薬、大杉製薬、JPS製薬などがあります。




漢方で効果が現れるまでの期間はどれくらい?


漢方薬の効果は、個人差や症状の違いなどから一概にどれくらいと言い切ることができません。体質改善を図る目的で飲んでいる場合は、3か月たってから効果が現れる場合もあります。

初めて飲む漢方薬は、医師や薬剤師に相談して薬の効き目を確認しながら飲みましょう。

漢方薬に副作用はないの?



漢方薬は生薬だから副作用がない、と思っている人もいますが漢方薬にも副作用はあります。まれにですが、胃のむかつきや、食欲不振、軽い吐き気、発疹、かゆみなどがでることがあります。多くは、体質にあっていない漢方薬を飲んだときに起こります。

重い副作用としては、尿が少なくなる、手足や顔のむくみ、手足のだるさ、しびれなどが現れる「偽アルドステロン症」があります。

「カンゾウ」という生薬を大量に摂ると「偽アルドステロン症」が起こることがありますので、「カンゾウ」が配合された漢方薬を一度に数種類服用するときは注意が必要です。自己判断で摂取しないように注意しましょう。

西洋医学で処方される薬にみられる副作用と同じように、気になる症状がでたら一旦薬を中止して、医師や薬剤師に相談しましょう。



ツボ押しで乾燥改善



東洋医学では、ツボという考え方があります。肩が凝った時に効くツボ、腰の痛みに効くツボ、などいろいろなツボがあるのですが、実は肌の状態をあげるツボもあるのです。

乾燥肌が血虚の状態であることは前述しましたが、おさらいすると血虚とは体を潤す水と栄養を送り、体を動かすエネルギーである血が不足しているのです。

また、血虚の人は冷え性や胃腸が弱い人が多いので、内部から改善するには消化吸収を助ける「足三里」や「太白」などのツボがおすすめです。

同時に良質な睡眠をとるための睡眠を助けるツボ「太渓(たいけい)」や「照海(しょうかい)」なども効果があります。

ツボ押しは、主に親指の腹で気持ちいところまで押すのがポイントです。ずっと長押しするのではなく、一押しにつき、3~5秒かけてゆっくり押し数分間続けます。

・足三里の場所・・・足の膝蓋骨(脇にある細い骨あたり)のすぐ外側にあるくぼみから、指の幅4本ほど下がったところ。身体全体の治癒力をたかめる万能ツボです。

・太白の場所・・・足の親指のつけの外側。ふくらみを指で軽くなでへこんでいるところ。ストレスや低血圧などに効果があります。

・太渓の場所・・・足の内側くるぶしのすぐ後ろです。たちくらみなどの血圧異常に効果があります。

・照海の場所・・・内くるぶしの下から指幅1本下がったところ。押すと痛みを感じます。ストレスや、足がだるいときなどに効果があります。

妊娠中や、つぼの付近にケガがあるとき、食後30分以内や、お酒を飲んでいる時、熱があるときなどツボ押しをしてはいけない場合がありますで注意しましょう。


大人気!お灸で乾燥肌を改善


ツボに刺激を与えるツボ押しには、お灸という方法もあります。

お灸って熱いんじゃないか?もぐさを自分で取り扱えるのか?など難しいようなイメージもありますが、現在では薬局で手軽に使えるお灸が売られています。

せんねん灸などは手に入りやすく、使いやすいお灸です。使い方は、以下の通りとても簡単です。

(1)ツボを調べる 乾燥肌に特に効くのは前述の足三里や太白、太渓、照海などです。だいたいの場所があっていれば正確でなくとも大丈夫です。

(2)せんねん灸のシールをはがして上部に火をつける。やけどしないようにツボに置く。

(3)じわじわとあつくなるので、そのまま待ちます。途中、キュっと熱くなることがありますが、我慢できなかったら外しても大丈夫です。


(4)火が消えて、熱さを感じなくなったら台ごと取り外します。燃えカスが飛び散ることがあるので、ゆっくりと外します。

1個のお灸で、約3分から5分くらいで終わります。お灸がおわってもじんわりあたたかく、置いたあたり全体が軽くなったように感じます。

はじめてお灸をするときは、1,2か所から始めていきます。一度にたくさんのところに置いてしまうと、熱くなりすぎたり慣れないうちは負担が大きくなるので、お灸が気持ちいと感じたら少しずつ数を増やしましょう。


お灸も漢方薬と同様、効果を感じるまでの期間には個人差があります。お灸は血行をよくし体内に栄養分をいきわたらせる効果が高いので、漢方薬を飲みながら同時に修2,3回程度のお灸タイムをつくると効果が早く実感できます。

漢方薬は西洋薬と一線をおいているような印象もありますが、西洋薬では補いきれない体質改善の役割を担う意味で、西洋薬と漢方薬を同時に処方してくれる医師も多いのです。

体の内側から乾燥肌を改善するサポートとして、漢方薬やお灸をとりいれて潤いのある肌を目指しましょう。