乾燥肌とアトピーの違いとは?大人になってアトピーと診断されたら

アトピーと乾燥肌の違いって?

肌がカサカサ乾燥するだけでなく、だんだんジュクジュクしてきたり、かゆみをともなったりすることがあります。単なる乾燥肌と思っていたら、アトピー性皮膚炎だったということも珍しくありません。

アトピー性皮膚炎は子ども時代にだけ発症する病気ではなく、大人になってからも発症することがあるのです。
乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違い、アトピーと診断されたときの治療法や日常生活で気を付けることなどをまとめました。

アトピー性皮膚炎と乾燥肌って何が違うの?

アトピー性皮膚炎は、かゆみや湿疹といった症状が出たり消えたりを繰り返す病気です。アレルギーの一種と考えられており、花粉症やぜんそく、アレルギー性鼻炎や食物アレルギーといったアレルギー症状と同じように、免疫機能が正常に働いていない状態で起こります。

アトピー性皮膚炎は肌カサカサになるだけでなく、赤みがでたり、激しいかゆみを感じることがあります。かき壊すと、皮膚がささくれてジュクジュクした液体がでてくることがあり、長引くと皮膚が盛り上がって硬くなります。

対して乾燥肌は加齢や体調、環境などが原因で、肌の油分と水分のバランスが悪くなる肌トラブルのことです。症状は通常であればアトピー性皮膚炎ほど重くありませんが、かゆみをともなうことも多く、かき壊すと症状は重くなります。

乾燥肌はアトピー性皮膚炎と比べると、かゆみやカサカサの症状は軽いことが多く、短期間で症状が治まることが多いですが、自分で乾燥肌だと思っていて、いつまでも治らずに症状が重くなり、通院して初めてアトピー性皮膚炎であると診断されることもあります。

判断がつかなかったり、症状が悪化するようであれば皮膚科に行って早期に診断し、治療をはじめましょう。

乾燥肌はアトピー性皮膚炎になりやすい?

乾燥肌であるということは、アトピー性皮膚炎になる原因の一つにあげられます。アレルギー体質の人が乾燥肌になり、肌のバリア機能が壊れて外部から刺激が加わると、アトピー性皮膚炎を誘発する引き金になることがあります。

外部からの刺激とは、ダニやハウスダスト、花粉などのアレルギーをおこしやすい物質などのことです。肌のバリア機能が正常に働いていれば、外部からの刺激も防御できるのですが、乾燥肌の状態は肌のバリア機能が壊れていて、外部からの刺激が入ってきやすいのです。

化粧品や汗、紫外線や肌着の化学繊維なども肌への刺激になることがあります。

さらに免疫機能が弱まっていると、ウイルスや細菌が繁殖しやすくなり、炎症や湿疹ができやすい状態になっているのです。

アトピー性皮膚炎の診断とアレルギー検査、TARC検査の関係

皮膚科やアレルギー科に行って診察してもらうと、医師が症状や肌、体の状態などを総合してアトピーなのかそうでないのかを診断をします。

アレルギー検査は判断材料の一つで、血液を採取してどんな物質に対してアレルギー反応を起こすのかを検査します。

アレルギー検査はスギなどの花粉、動物の毛、ダニ、ハウスダスト、卵などに体するアレルギー反応を、IgEという数値を用いて判定します。

注意する点は、IgEの数値はアトピーの重さをあらわすものでなく、アレルギー反応をおこしやすい物質を特定するための目安ということです。アレルギーはアトピー性皮膚炎そのものではありません。

アトピー性皮膚炎の症状はアレルギー反応によっておこされる場合もあれば、関係なく発症することもあるのです。

アトピー性皮膚炎の重症度を測る検査は「TARC(タルク)」という血液検査で行います。見た目には治まっているように見えても、体内で炎症を起こしている場合があり、その炎症の度合いを数値で判定するのです。

成人のTARC検査の目安は500pg/mlが境界で、皮膚の見た目は治まっていても、TARCの数値が境界以下になるまで治療を続けることで再発の確率を下げることができます。

アトピーって治るの?治療は長期間続けるのか?

アトピー性皮膚炎は、適切な治療で治すことができます。よく長期にわたって治療をしているが治らない、とかステロイドを使っていると重症化するといったような話がありますが、それは「適切」な治療をしていなかったり、TVなどでステロイドに対してネガティブキャンペーンが行われたりした影響が残っているからと考えられます。

アトピー性皮膚炎の原因は食生活や油脂類など様々な要素が考えられますが、インフルエンザウイルスのようにはっきりと「これが原因です」と原因を特定することはできません。

ですので、基本的には現在の症状を抑える対処療法と、症状を生み出す原因となる体内の環境、周囲の環境を整えていくことが治療の柱となります。

対処療法や環境改善は時間がかかるので、アトピー性皮膚炎は治らないのかもしれないと不安になる人も多いのですが、薬を使わないでも肌の調子がいい状態にまで治すことは可能です。

「あれ?そういえば最近調子がいいな」と変化するように、適切な治療をはじめましょう。

アトピー治療は医療・習慣・食事の同時進行で

アトピー性皮膚炎の治療について、医療における治療方法、生活習慣の改善方法、気を付けたい食事などについてご紹介します。

全て同時に行うことで治療効果を高めることができ、比較的短期間で症状を鎮めることができます。

まずは、できることからストレスにならない程度に継続しましょう。

1.炎症を鎮め、かゆみを抑えるステロイドや免疫抑制剤

病院でアトピー性皮膚炎の診断を受けると、塗り薬や飲み薬が処方されることがあります。症状の重さなどによって処方される薬は様々ですが、代表的な塗り薬はステロイド外用薬、免疫抑制剤などです。

ステロイド外用薬は、炎症を抑える強さで5段階の種類に分かれています。効果が強い順番にストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム(またはマイルド)、ウイークに分類されており、炎症が強いほど、効果が強いステロイドが使われます。

ステロイドの役目は炎症を抑えることですが、ステロイドで湿疹が抑えられなかったり、かゆみが治まらなかった場合は、免疫抑制外用薬を使うことがあります。

免疫抑制外用薬で炎症を抑える強さは、ステロイド外用薬のミディアムやストロングと同じくらいです。

治療の最初に使われるのがステロイド外用薬で、思うように効果が得られなかったときは、働き方が違う免疫抑制外用薬を使います。

また、ステロイドをはじめ外用薬は皮膚の部位によって吸収される率が違ってきます。目の周り、首の回りなどの皮膚が薄い場所は薬の吸収率がいいため、長期使用を続けると皮膚がちぢれてくる萎縮や、毛細血管拡張などの副作用が出てくることがあります。

免疫抑制剤はステロイドのような副作用がほとんど出ないので、皮膚の薄い場所や、皮膚炎症が長引いて色素沈着したような場所に使われることが多くあります。

2.乾燥肌を保湿すること

炎症がひどく強いステロイドをぬっているときは、対象の場所を避けて保湿剤をつけます。炎症の程度が治まってきたら、保湿剤→ステロイドの順でぬりましょう。保湿剤をぬる順番は、基本的には塗る面積が広いものから順に塗っていきますが、医師の指示があるときは指示を優先しましょう。

病院で処方される保湿剤は、次のような種類があります。

角質層の水分を引き付けて、肌の潤いを保つ
・ヘパリン類似物質
・ヒアルロン酸
・水溶性コラーゲン

角質層の水分をひきつけたり、角質層を柔らかくする
・尿素

角質細胞間脂質(セラミド)を補う
・セラミド

表皮の油分を補う
・ワセリン

病院によっては保湿剤とステロイドを混ぜた薬を処方するところもありますが、たいてい患者の肌の調子を見て処方されます。

病院にいかずに市販の保湿剤を使いたいときは、主に「セラミド」を補う商品を使うと効果的です。

3.肌への刺激物をストレスにならない程度に減らす

汗をかいたり、蒸れたりするとアトピーの肌には刺激となります。汗をかいてもすぐに吸収する綿の下着がおすすめです。
表面がちくちくするような素材の服も気を付けましょう。

また、肌の柔らかい部位である首、手首、ウエスト、脇、足首などは衣類の境界であったり、刺激を受けやすかったりする場所です。衣類は、肌あたりの柔らかい素材を選ぶようにしましょう。

お風呂などでも、洗浄力の強い洗剤で洗いすぎたり、温度の高いお風呂はかゆみのもとであり、肌の油分を奪ってバリア機能を弱くする原因にもなります。

石けんを使って洗うのは、夏場であれば1日1回まで、冬場であればぬるめのお湯につかるだけでも汚れを落とすことができます。汚れが気になるようであれば、油分の分泌が多い背中などの部位だけをしっかりと洗うようにすればよいのです。

ここで注意ですが、特別に高価な洗剤を使う必要はありません。体を洗うには市販されている固形石けんで十分ですし、お風呂あがりに保湿をしっかり行えばいいのです。

アトピーの人は洗浄に気を使うことが多いと思いますし、またアトピー治療に高価な洗剤をすすめる商法があることも事実ですが、洗いすぎないという一点にだけ気を配れば、肌の状況はそれだけで変わってくることが多いです。

気を使いすぎるとストレスとなって、かゆみをおこしてしまいます。あまり神経質になりすぎないよう対応しましょう。

4.油を減らして食事で体内から改善

一般的に流通している油の摂取量が増えたことが、実はアトピー性皮膚炎の患者が増えた原因の一つでもあります。

料理に使われている油のほとんどは不飽和脂肪酸と呼ばれる植物性の油脂ですが、リノール酸を多く含む油脂から代謝されてできる成分が、皮膚の細胞膜に悪影響を及ぼしていることがわかっています。

リノール酸を多く含む油脂の代表
・べにばな油(サフラワーオイル)
・ひまわり油
・大豆油
・コーン油
・綿実油
・ゴマ油
・ピーナッツオイル
・小麦胚芽油
・月見草油
・グレープシードオイル

上記の油には、コレステロールを含まない健康油として人気にものも含まれていますが、必要以上の量が摂取されている恐れがあります。

油脂の種類では、リノール酸を含むオメガ6と、えごま油、アマニ油や青魚に多く含まれるリノレン酸のオメガ3を3:1の割合で摂取することが推奨されていますが、現在の日本ではオメガ3の摂取量が圧倒的に少なく、このことがアトピーをはじめとするアレルギーが増加してる一因になっています。

上記のオメガ6を含む油脂はなるべく使わず、炒め物にはオリーブオイルなどのオメガ9の油脂を利用したり、油脂そのものの摂取量を少なくして和食に切り替えるなど、体内にかける負担を減らすことが重要です。

もちろん、オメガ6も重要な役割をはたしていますが、積極的に取らなくてもマヨネーズなど食品に含まれているオメガ6で十分摂取量を賄うことができます。

一つ注意としては、魚を食べることでオメガ3の摂取量を増やすことができるのですが、重症のアトピー患者には青魚に含まれるヒスチジンという必須アミノ酸がかゆみを引き起こすことがあります。

また、ツナの缶詰にヒスタミンが多く含まれることがあるという報道もありました。症状が重いときは、青魚の摂取は控えるなど十分注意してください。

5.ストレス、睡眠不足の改善で生活そのものを見直す

ストレスを感じると、かゆみが増してくることがあります。ストレス自体が直接脳に作用してかゆみを発する信号を出す誤動作を起こしているからです。

また、ストレスが自律神経という体温や呼吸をつかさどる神経に強く作用し、アレルギーの症状を悪化させることがわかっています。アトピー性皮膚炎の人は、特に体を活発に活動させる交感神経が強いことが多いので、ストレスによる悪影響をすぐに感じ取ってしまうのです。

ストレスを緩和させるには、睡眠時間の確保が重要です。疲れを感じないほど忙しくしていても、体には後々現れていきます。早起きを心がけ、体に疲れを感じたら自然と睡眠がとれるようになるものです。

頭の中に仕事やアトピーのことをため込まず適度な運動、趣味で発散させるようにしましょう。

また、温泉などでのんびりリラックスすることも効果的です。

民間療法より和食を!引き算で考えて体への負担を減らす

なかなか治らないアトピー性皮膚炎に困って、民間療法を試してみようかと考える人も少なくありません。

漢方薬局で調合してもらったり、野菜スープ、水、などアトピーが治ると評して販売されている食品を使ったり、温泉療法だったり、様々な情報があふれています。

中には本当に治った人もいるのでしょうが、効果がない人の方が圧倒的に多いのです。

ダニを寄せ付けない布団を何十万もかけて購入するよりも、家電量販店で数千円で買える布団ツールを掃除機の先に取り付けてこまめに掃除する方がアレルゲンを吸い込まない、寄せ付けないという意味で費用対効果に優れています。

健康食品も同じことです。

高価な食品を買ってせっせと食べるよりも、油ものを控えて和食にしたり、発酵食品で腸内環境を整える方が効果があります。

症状が改善しにくい時期は、わらにもすがりたい気分になるものですが、これがよい、あれがよい、と色々な食品や薬を摂ることで、かえって体への負担を増やしていることはありませんか?

それよりも、今までの食生活や生活習慣を見直して、体の負担になっていることは極力控えるという引き算の考えを心がけることが何より重要です。

急激な脱ステロイドは危険。ステロイドの正しい使い方で炎症は治まる

「脱ステロイド」という考え方についてはどうでしょうか?グレードの強いステロイドを長期間使用していると、皮膚が硬くなったり皮膚が薄くなったりする副作用がわかっていますが、よほど長い期間、皮膚の薄い部分に使用し続けていない限り怖がる必要はありません。

ステロイドの副作用よりも、急にやめてしまって、炎症がひどくなることの方がよほど危険です。極端な考え方で、掻き毟って膿を出した方がよい、などと謳っている情報も見かけますが、細菌が入り込んでひどい炎症を起こし、まれに重症化することもあります。急激な脱ステロイドは絶対にやめてください。

ステロイドは「適切」に使用することで炎症を抑えます。ですが、薬局で渡されるときに「うすく塗ってください」と言われた覚えはないでしょうか?

薬剤師でさえも、適切な使用方法を間違っている人がいるはとても残念なことですが、ステロイドは薄く塗っても効果を発揮できません。

使用目安としては、両手の面積に対して、人差し指の第一関節ほどの量を使います。使ってみると、すこしべったりするくらいの量になります。

この量を刷り込むのではなく、乗せるように使うのがコツです。

皮膚の部位によって吸収率が違うことは前述しましたが、だからこそ、使用する回数と量を守らなくてはならないのです。

医師の指示通りに使用しているのに、かゆみや炎症が治まらない場合は、医師に相談して薬を切り替えるなどの対応をとりましょう。

ステロイドの部位別吸収率
ひじの内側 1
背中 1.5~2
ほほ 13
頭皮 3.5
てのひら 0.83
足首 0.42
陰部 42

顔や陰部はステロイドの吸収がとてもよく、その分効果が発揮されやすいので、塗りすぎに注意します。反対に手や足は吸収されにくいので、量をしっかりと使いましょう。

日本人の生活は、ここ数十年で急激な変化を遂げました。清潔志向で除菌をしすぎ、油脂の摂取量が大幅に増えるなど、生活習慣はもちろん食生活も変わり、環境の変化に対して体がついていっていないのが現状です。

大人になってアトピー性皮膚炎を発症した人は、体の免疫機能が壊れてしまっている状態ですが、薬を適切に使い、食生活を改善、睡眠を十分取って体の力を底上げすることで状態を良くすることができるのです。

毎日、コツコツちょっとした改善を積み重ねて健康な肌を取り戻しましょう。

コメント

  1. 正樹 より:

    北海道で栽培されているシーベリー(シーバックソーン)と言う果実にはオメガ7不飽和脂肪酸が多く含まれています。日本生物工学会の報告によると北海道産シーベリー油がアトピーで悪化した皮膚の再生効果があると発表されました。
    奇跡の果実が北海道にありますよ。

    • スキリブ より:

      正樹さん
      コメントありがとうございます。
      オメガ7はパルミトレイン酸などの脂肪酸ですね。
      前立腺肥大予防や、皮膚刺激の緩和などが期待されるようですね。