乾燥肌におすすめする化粧水の使い方と保湿成分浸透の真実

乾燥肌が気になる世代で「化粧水」が一番大事な基礎化粧品だと思っている方も多いです。

ですが、高い化粧水を使っているのにいっこうに乾燥が改善しないという人はとても多いです。高ければいいもの、人に進められたからいいもの、と思い込んで使っていませんか?

乾燥肌の化粧水の役立て方や、CMなどでよく見かける成分は本当によいのか、化粧品の肌への浸透はどのくらい効果があるのか、という観点から調査しました。


化粧水をたっぷり使っているのに乾燥するのはなぜ?

洗顔した後に何気なく使っている化粧水は、そのまま肌の水分になるわけではありません。化粧水をつかう理由は何でしょうか?

よくあるのが、「洗顔後の肌を整える」とか、「化粧水で水分を補充する」といった理由ですが、化粧水の一番大きな役割は「洗顔後の肌を柔らかくする」ことです。

化粧水は、次に使う美容液の成分や保湿成分を浸透しやすくすることが主な役割として使われるのです。

化粧水の成分はほとんどが水なので、顔にたっぷり水をつけたところで潤うことはありませんし、時間がたてば蒸発してしまいます。

乾燥肌が悩みの人は、化粧水を重ねづけせずに、保湿成分が入った美容液を主として使用しましょう。

化粧水をつけるのにコットンは必要?

コットンに化粧水をつけてパッティングという使い方をするのと、手に直接つけて塗るのとどちらがいいのか迷う、という人もいますが、ぜひ手に付ける方を選んでください。

コットンは上質なものでも繊維の刺激を抑えることができません。コットンの刺激で肌に傷ができて角質層に傷がついたり、肌の潤い成分が流れ出たりします。

角質が傷つくと肌のバリア機能が壊れて、空気中にただよっている刺激物が入り込んでしまうこともあります。

肌を潤わせるつもりが、かえって乾燥を悪化させてしまうことになるのです。

化粧水を使うときは、手のひらにとった後に肌に押し付けるようにつけます。こすって肌を伸ばしてしまわないように気を付けましょう。

また、ほほを叩いて引き締めようとする人もいますが、たたく刺激はシミのもとです。

洗顔後の肌に必要な成分とは

前述の説明を見ると「化粧水はいらないんじゃない?」と思う人もいるでしょう。実際に化粧水は使っても使わなくても、どちらでもいいのです。

しかし、化粧水をつけると肌が気持ち良かったり、みずみずしくなったように感じたりします。これまでの習慣で化粧水がないとしっくりこない、とか化粧水を使っていた方が肌がモチモチする、といった人は化粧水を使いましょう。

洗顔後の肌は表皮の汚れや油がとれただけでなく、表皮中の保湿成分も流れ出ています。ですので、「保湿成分」を補充することが必要なのです。

化粧水は一般的には水が主成分なので、脂溶性の「保湿成分」である「皮脂」「天然保湿因子」「セラミド」は配合されていませんが、発売されている化粧水の中には「水溶性セラミド」配合のものもあります。

ただし、肌の中に存在する「セラミド」自体は脂溶性なので、「水溶性セラミド」が浸透して定着することはまずありません。水をつけるよりも肌になじみがいい、くらいに思って使うとよいです。

乾燥肌用の化粧水はどんな成分がいいのか

化粧水の役割としては、「あとからつける保湿成分が浸透しやすいように肌を整える」ことであると前提したなら、化粧水には「保湿」以外の成分が入っていたとしてもかまいません。

乾燥肌の人は肌の表皮が荒れていることが多いので、刺激を感じやすい人も多く、どんな成分でもいいとはいえませんし、添加物など肌の刺激になる成分はなるべく入っていない方がよいです。

化粧水に入っている一番多い成分は水で、次に水溶性のグリセリンなどの保湿成分です。水にとける有効成分では他に「ビタミンC」もしくは「ビタミンC誘導体」、抗酸化成分である「オウゴンエキス」や「リコピン」、保湿成分である「アミノ酸」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などがあります。

ビタミンC自体は、成分が壊れやすく肌にぬっても吸収されにくいので、ビタミンC誘導体がおすすめです。ビタミンC誘導体には、抗酸化効果、美白効果、毛穴の引き締め効果などが実証されており、多くの化粧水に配合されています。

ビタミンC誘導体には保湿効果はありませんが、化粧水としての役割には一番適している成分といえ、多くの化粧水に配合されています。

保湿成分でご紹介している「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」は、化粧水に配合される場合は濃度がそれほど高くありません。セラミドと同様に美容液で補うよう設定されている化粧品が多いのです。

そもそも保湿成分は肌へどれくらい浸透するのか

肌の表面は密度が高いので、化粧水や美容液などは肌の奥まで浸透することはできません。よく浸透したところで表皮の上部までがいいところです。

化粧品の浸透技術によっては、奥深いところまで浸透するものもありますが、一般的に発売されている化粧品は角質層という肌の一番外側の部分までの浸透と考えてよいです。

ナノサイズとか、ナノカプセルとか分子のサイズを小さくして浸透させる、という技術もありますが、表皮には脂溶性かつ分子サイズが小さいものが浸透しやすいという特性があります。

結論をいうと、化粧水も中に配合されている有効成分も、一般的には真皮まで深くは浸透せず、表皮までの深さで浸透する、ということになります。

化粧品に配合されている大部分の成分は、洗顔により洗い流されますが、付けている間は肌を保護してくれるので、つけた方がよいのです。

天然から疑似まである中から選んでほしいセラミドの種類

セラミドは、肌の角質層という一番外側の部分に存在している成分で、肌のうるおいの80%を占めている角質細胞間脂質の一種です。

セラミドは、水と脂質を結合させる仲立ちの役割をもっており、種類としては約340ほど存在しますが、非常に不安定な物質なので、一般的に化粧品には人の肌にあるセラミドと同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」が配合されています。

中でも、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」は保湿力を高め肌のバリア機能を高めてくれます。セラミドを補うときは、高濃度で補えるよう美容液やクリームで使いましょう。

また、「疑似セラミド」というセラミドもあり、価格が安くて人気ですが、「セラミド」と同じ働きをするわけではなく、肌の表面に膜を張ってセラミドと似たような働きをします。

乾燥肌の人には通常のセラミドを選んでいただきたいですが、敏感肌の人は肌に余計なものを浸透させない「疑似セラミド」がおすすめです。

弾力を保つコラーゲンは分子が大きくて浸透しづらい

肌は表面から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造で、表にある「角質層」は死んだ細胞でできています。角質細胞を生み出す部分のすぐ下にある「真皮」は、生きた細胞でできていて、外部刺激に対する反応などの情報伝達機能を持っています。

「真皮」は主成分が「コラーゲン」であり、まるでゴムのように弾力がある繊維物質です。新陳代謝で新しいコラーゲンが作られると、古いコラーゲンは酵素で分解されますが、加齢で生成が少なくなるので、肌にシワができたり、ハリがなくなったりするのです。

化粧品に含まれるコラーゲンは、真皮まで浸透、到達することはできませんが、コラーゲンの持つ保湿効果で肌の表面を保湿してくれます。

コラーゲンの接着剤、エラスチン

コラーゲンの繊維どうしを繋ぎ止め、支えているのがエラスチン繊維です。真皮の中に存在していますが、コラーゲンと同様に加齢で生成が減少します。エラスチンの量が減るとシワの原因になります。


保水力No.1のヒアルロン酸は真皮の弾力をになう

ヒアルロン酸は肌の奥「真皮」と呼ばれる部分にある成分で、ムコ多糖類というゼリー状の物質です。真皮の成分は70%がコラーゲンで占められており、コラーゲンとエラスチンの間を埋め尽くして肌に弾力をもたらします。

ヒアルロン酸は水分を含む力が非常に強いので、ヒアルロン酸の量に比例して真皮はみずみずしくなります。

真皮中に存在するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸はいずれも加齢とともに量が減るため、30代以降になると、真皮の水分が徐々に減って、肌のハリや弾力がなくなるのです。

本来、真皮に存在するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を表皮にぬったところで、保湿の効果があるのか?と疑問に思う声もすくなくありません。

しかし、それぞれの成分が持つ保水力や保湿力は、表皮にあっても十分保湿の効果を発揮します。グリセリンなどの保湿力が弱い成分よりも、肌表面はしっとりしますし、効果の持続性があります。

上記にあげた保湿成分がほどほどに配合された化粧品は、乾燥肌にとって効果的といえます。

化粧水と乳液のセットより化粧水と美容液のセットが保湿効果が高い

化粧水と乳液が基本のお手入れ用品とという考え方が根強くありますが、乾燥肌にとって重要な基礎化粧品は主に美容液です。

整肌の効果がほしい場合は化粧水を先につけるので、基本は「化粧水と美容液」となります。



乳液は、クリームと同様に油分を補うことが目的ですので、乾燥肌の人は、乳液をつけるなら保湿成分を含んだ美容液の後につけるとよいです。

ただ、保湿美容液をしっかりとつけることができていれば、乳液やクリームを日常的に使う必要はありません。

乾燥がひどくなったときなど、口の周りや目元などのポイントにつけると乾きにくくなります。

乾燥ニキビの人が使うのはニキビ肌用の化粧水?乾燥肌用の化粧水?

肌が乾燥気味なのに、ほほやあご、おでこなどにニキビや吹き出物ができやすい人は、「ニキビ用」と銘打ってある化粧水を使った方がいいのか、迷うことがありますが、「ニキビ用化粧水」などは乾燥が進んでしまうものがあり、おすすめできません。

大人のニキビの原因は肌の乾燥であることが多く、皮脂を抑える効果が高い10代~20代前半向けに作られた「ニキビ用化粧水」は、かえって乾燥もニキビも悪化させることがあるからです。

大人ニキビが気になる人は、「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水と、保湿効果が高いセラミドが配合された美容液を併用して使うようにしましょう。

ビタミンC誘導多には炎症やニキビによる赤みを抑える効果があり、肌の回復が期待できます。

ニキビがひどいときは刺激しないように、ニキビ部分を避けてお手入れしましょう。無理して化粧水をつけたりするとピリピリ痛んだり、炎症がひどくなることがありますので注意しましょう。


美白化粧水をつけるとピリピリ痛くなる理由

シミのもとになるメラニンの生成を予防する成分がはいった「美白」化粧品は、人気がある一方、つけるとひりついたり痛くてつけるのをやめたという声があります。

乾燥肌の人はもともと肌のバリア機能が壊れ気味の人が多く、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなど、比較的肌に対して刺激が強い美白成分が影響を及ぼしている人が多いと考えられます。

シミが気になる人、30代以降の人は、美白アイテムを使っていたり、紫外線防止にも工夫している世代ですので、できる限り使っていきたい化粧品ですよね。

ネット通販などで、敏感肌でも使える美白化粧水などが発売されているので、トライアルを試してみたり、店頭販売の美白化粧品のテスターで試してみるなど、実際に肌につけてみてかぶれたり乾燥がおさえられたものを使うようにしましょう。


自分だけの化粧水を作る。安くて潤う化粧水の簡単な作り方

市販の化粧水がどうしてもあわないなど敏感肌の方の中には、手作り化粧品を使っている人もいます。

作り方は簡単ですので、よかったら試してみてください。

材料(1週間分)


・グリセリン(薬局で買えます)300円くらい 必要な量 10g


・精製水 (薬局で買えます)100~200円くらい 必要な量 40g


・消毒用エタノール(薬局で買えます)500円くらい 必要な量 10g


・ヒアルロン酸 (ネット通販で買えます)2000円前後 必要な量 20g

出来上がりの量は少ないので、100円ショップなどで買えるトラベル用の化粧水ボトルを買ってくるとよいです。

作り方


手をきれいに洗い、消毒またはゴム手袋をつけて作業します


1)容器をエタノールで消毒します

2)1g単位のはかりではかり、化粧品ボトルに材料を全部入れてまぜます。

できあがった化粧水は冷蔵庫に保管の上、1週間以内に使い切り、残った化粧水は廃棄します。また、肌に合わなかった場合は使用を中断してください。

手作り化粧水は、ヒアルロン酸などの保湿成分の濃度を調整して使えたり、気になる添加物を最小限にして使うことができますが、防腐剤となる成分がエタノールだけなので、腐りやすいのが難点です。

また、手作り化粧水に限らず、化粧品ボトルの口の部分は直接手に付けないように気を付けます。手の表面は雑菌だらけなので、容器の中に雑菌が移ってしまう危険があります。

消毒用のエタノールがどうしても苦手な人は、化粧水の「エタノール+精製水」の量を「肌水」に置き換えて使ってもよいです。肌水にはパラベンなどの防腐剤が室温でも腐らないように配合されています。


防腐剤入りの化粧水は肌に悪い?雑菌が繁殖した水を付けるリスク

市販品でも、手作り品でも防腐剤無添加という商品がありますが、防腐剤は本当に肌によくないのでしょうか?

防腐剤なしの化粧品、とくに水が主成分の化粧水は、洗面所のような湿度が高い場所に保管すると、雑菌が繁殖してしまいます。雑菌は毒素を作り出しますので、肌にとってももちろんよくありません。

対して、防腐剤が肌に与える影響はどうでしょうか?

防腐剤としてよく配合されるのが「パラベン」、「フェノキシエタノール」です。それぞれいろいろな種類に分かれますが、一般的な防腐効果としては「パラベン」の方が「フェノキシエタノール」よりも強いです。

ではパラベンよりもフェノキシエタノール入りの化粧水を選んだ方がいいのか、というと一概にそうとはいえません。

フェノキシエタノールの方が防腐効果が弱いということは、量をたくさん使っている可能性があるからです。

パラベンが化粧品に配合できる量は全体の1%未満と決まっていますが、実際には0.1%~0.2%程度の配合が多いのです。パラベンは少量で防腐効果を発揮することができます。

フェノキシエタノールの配合量も1%未満と決まっています。

実際には敏感肌が進んでいたり、化学物質過敏症などの方でない限りパラベンをはじめとする防腐剤の配合を恐れる必要はありません。

防腐剤と腐った化粧水、どちらのリスクをとるか、という問題なのであれば、防腐剤を使ってあった方が肌へトラブルが起こるリスクは低いと考えられます。




化粧水は基礎化粧品のエース的存在で選ばれることが多いようなイメージですが、保湿効果としては美容液の方が高いのです。

保湿を第一に考えるなら、化粧水をバシャバシャたっぷりつける、コットンでパッティングするなどの「肌へのダメージ」になるようなことはやめて、次につける「保湿美容液」の効果を高めるように刺激を抑えた化粧水の使い方をし、肌のベースづくりを心がけましょう。

また、化粧水をはじめとした基礎化粧品は口コミだけでなく、実際に自分の肌で試してみて、本製品を使うとはずれのないスキンケアが期待できます。