乾燥肌のための季節ごとの対策。見落としがちな隠れ乾燥とは

冬は空気が乾燥しているので、顔だけでなく身体もしっかり保湿ケアをしている人が多いですが、保湿に目を向ける機会が少なくなる夏は、体の中から乾燥しています。

秋には秋の、春には春の気を付ける点があります。
なかなか乾燥肌が改善しない人は、一年を通しての対策がしっかりとできていないのではないでしょうか?

季節ごとの乾燥肌対策で気を付けたいこと、有効な対策をまとめました。


秋の乾燥はアレルギー体質にとって最も注意が必要



秋口にはじまる乾燥で、口の周りや目の周りがガサガサと乾燥しだすことがありますが、なぜでしょうか?


秋の乾燥は、空気中の湿度の低下をきっかけにはじまります。

夏の紫外線、エアコンの影響などで肌のバリア機能が弱っているところに、空気の乾燥で肌の角質層が刺激を受けて、かゆみや炎症を起こすことがあるのです。

炎症を起こした肌は、ダニの死骸やハウスダストなどでアレルギーを発症しやすくなっています。

また、秋特有の寒暖の差が思った以上に体の温度調節機能を酷使しているので、乾燥をはじめとする身体の状態は弱りやすくなっています。

もともとぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を持っている体質の人は、症状が悪化しやすいので特に注意が必要です。

秋の乾燥対策は、寒暖の差を防御することがポイント



朝方と日中の気温差が大きくなる9月、10月は服装の調整、寝具の調整に気を配りましょう。

9月、10月は年によっては、日中の残暑が厳しい地方もありますが、夜は湿度も温度も下がり過ごしやすくなってきます。ただし、明け方頃は気温がぐっと下がる日も増えて、寝ている間の気づかない時間帯に体温調節で体力を使っている機会が多くなります。

薄手の毛布や肌布団を足元に用意しておくなど、寝具に気を付けるとともにパジャマなども保温ができる長袖に、早いうちから切り替えることなども一考してください。

また、秋は日中に薄手の長袖を着ることによって、まだまだ強い紫外線から身を守ることができますし、室内と室外の温度調整の役割も果たしてくれます。

どこでもさっと羽織れるような薄手の上着やショールなどを持ち歩くと、腕の部分の乾燥や、首の乾燥を防ぐと同時に体温調整をスムーズに行うことができるので一石二鳥です。

保湿というと、クリームと考えがちですが、服で肌の露質を少なくすることでも乾燥予防することができるのです。

また、マスクも重要な保湿アイテムです。口や鼻の粘膜を乾燥から守ることで粉ふきなど顔の乾燥も防ぐことができますし、寒暖の差で弱った免疫機能をサポートする役割もあります。

口や鼻を守ることで、秋の不調をやわらげることができると実感する人が多いので、この時期に風邪をひきやすかったり疲れやすかったりする人は、ぜひマスクを試してみてください。

真夏の肌はインナードライ。気づかない間に乾く原因



夏場は乾燥に縁のない季節と思われがちですが、肌の表面は油脂の分泌が多く、角質層の下層は水分不足で乾いている「インナードライ」と呼ばれる状態の人が増えています。

インナードライは隠れ乾燥とも言われていて、肌の表面に皮脂が浮いている分、気づきにくい乾燥です。テカっているのに肌のハリがなかったりする場合は要注意で、油とり紙などのオイルケアは控えましょう。

インナードライになる原因は、洗いすぎによる皮脂の過剰分泌です。表面に油脂が浮いて出てきているので、油を取ろう取ろうと日に何度も洗顔をしたり、思春期のニキビや脂性肌の対策商品を使いすぎて、油分を表面から取ってしまう。

そもそも、肌の表面に油がでてくるのは、肌が乾燥しているからです。その油を取ってしまうことで肌が「もっと油を分泌しなくては!」とせっせと油を送り出している状態になるのです。

ですのでインナードライ対策は、皮脂対策をやめることです。洗いすぎない、油をとりすぎないようにする、クレンジングは洗浄力の弱いミルクタイプなどに変更する、といったことを実践してください。

夏の疲れがピークになったときに時に入る乾燥のスイッチとは



真夏は気温や湿度はもちろん紫外線やエアコンなどの影響を受け、疲れやすい時期です。また、体の温度を下げるために汗をかきますし、水分や冷たいものを採りすぎるので体の中から冷え、内臓も弱っています。

内臓は胃腸だけにとどまらず、血流も悪くなるので必然的に免疫機能が落ちて体調を崩しやすくなるのです。

夏に乾燥肌になるきっかけは、夏の疲れがピークになったときに、汗をかいて雑菌が繁殖してしまうことです。

通常であれば身体の免疫機能で雑菌を倒すことができますが、弱っている時は雑菌が繁殖してしまい、肌が荒れてバリア機能をこわし、ますます内部が乾いてしまうという悪循環のきっかけになるのです。

残暑の頃は、質も低下するだけでなく、一日の気温の差が大きくなり、肌の調子を整えることが難しくなってきます。

夏の乾燥肌のお手入れに有効な対策とは



夏の肌トラブルをこじらせないためには、出来る限り、石けんを使わずに汗を洗い流して清潔なタオルで拭いたり、こまめに下着をとりかえたりして皮膚の清潔を保ちましょう。

夏は体内の調子を整えることが重要です。食べ物飲み物はできるだけ温かいものを摂り、エアコンや扇風機の風を直接うけないようにします。

夏になる前から運動して汗をかく習慣をつけていれば、熱中症になりにくい体になりますし、体温調整機能がスムーズに働きます。夏本番の時期は、日が落ちてからの夕方の時間や、早朝の時間に軽く汗ばむような散歩や筋力トレーニングを30分から1時間程度行うのが効果的です。

入浴も、ぬるめのお湯でいいので湯船につかることがおすすめです。夏にシャワーだけですませていると、どうしても自律神経が乱れがちです。忙しくても週に3,4回は湯船でじっくり入浴して心もリラックスするように心がけましょう

冬の乾燥対策で一番重要な事は代謝を上げること



身体の代謝機能が最も落ちる冬場は、表皮のターンオーバーの際に細胞への水分補給や皮脂補給が十分うまくいかないことが多くなります。



皮脂不足、水分不足に加えて、空気中の乾燥によって表面に残っている水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌が悪化してしまいます。



気温が低いときこそ、服でしっかりと肌をガードした状態で軽い運動をし、新陳代謝をアップさせましょう。夏場などの気温が高いときよりも心肺機能に負担をかけにくく、気持ちよく汗をかくことで血行も良くなって肌へ潤いをもたらす栄養が行き渡りやすくなります。



冷え性などの人は、お風呂での入浴時間を長くとったりして血行や代謝をアップさせる機会が増えますが、その際にはお湯の温度に気を付けましょう。熱すぎず、ぬるすぎずで40度~42度くらいが適温です。

入浴による代謝・血行アップは、運動による代謝・血行アップとは本質的に種類が違います。動は能動的に行い筋肉を鍛えることによって基礎代謝がアップするので、運動の瞬間だけでなく長期にわたって代謝の向上がありますが、入浴はお風呂に入っている瞬間だけ血行や代謝があがります。



肌の乾燥だけでなく、身体全体の状態を良くすることを考えると、運動による代謝アップの機会を増やす方がよいです。

また、冷え性に半身浴を勧めている情報もありますが、いつまでも体が温まらないと感じる方は無理してぬるいお湯につかる必要はありません。

自分がここちよいと感じる温度で5分~10分程度お風呂に浸かっていれば、体は十分温まりますが、乾燥肌にとって重要なことは、お風呂上りに体を冷やさないことと、保湿を忘れないことです。

冬はお風呂上りのタオルドライ後に湿気がある浴室で保湿剤化粧品をつける



保湿化粧品をつけるとき、しっかり乾燥した部屋で行っていませんか?入浴後に浴室内でタオルドライし、そのまま浴室の湿気がある中で最初の保湿美容液を付けます。

血行が良く、湿気があるところで保湿することにより、皮膚表面の乾燥を防ぎながら保湿剤の吸収もよくなるという、一石二鳥の効果がえられるのです。

そのまま服まで着てしまえば、冷えを防ぐ効果もあり、温もったまま体温を維持しやすくなります。身体が冷えないように、手短に行うことで、肌によけいな負担をかけないので、冬は浴室で身支度、を実践しましょう。

乾燥によるかゆみ対策、市販のクリームでよいのは?



秋が深まるころから、体にも乾燥が広がる人が多くなりますが、市販のボディクリームにかゆみを抑えるものがあります。

普通のドラッグストアで手に入るものでいえば、メンソレータムADシリーズや、ユースキンIシリーズなどがあります。

通常の保湿クリームと違う点は、鎮痒成分や抗炎症成分、抗ヒスタミン成分などのかゆみや赤みを取る成分が入っている点です。これらの成分は、病院で処方される薬と比べると弱い成分ですので、乾燥によるかゆみやあかみがとれるまでは日常的に使用してかまいません。

症状が軽ければ、薬局で変えるクリームで問題ありませんが、1~2週間ほど使用してもかゆみやあかみが治まらなかったり、悪化する場合は皮膚科に相談してステロイドなどの治療を行った方が治りが早いです。

春は花粉症アレルギーからの炎症や乾燥に注意



花粉症はもはや国民病ともいえるほど患者が増えていますが、アレルギーの発症により肌のバリア機能の破壊が一層進んでしまうことがあります。

花粉症の症状である鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどは、花粉などのアレルゲンが体内に入り込み免疫機能の過剰な働きで起こるのですが、発症している部分が痒くなり掻き毟ることで肌のバリア機能が壊れる、ますます乾燥や炎症が悪化するという悪いスパイラルにおちいってしまいます。

また、逆の「乾燥肌からアレルゲンが入り込みやすくなっている」という症状も確認され、乾燥肌とアレルギー症状が相互に働きあっていることもわかっています。

春の花粉症がひどい人は、季節を問わず体中の保湿を行いましょう。炎症や乾燥が見られない季節から対策を行うことで、乾燥肌とアレルギー症状の相互作用を防止する一手になるのです。

特に手先や足先の末端部分は、血流による栄養も届きにくい個所です。しっかり保湿クリームや保湿ローションをぬることで血行の改善にもなります。

花粉症の乾燥といえば、鼻の下や口の周りが気になる人が多いですが、マスクをつけていることによってある程度改善することができますので、盲点である手先や足先もしっかりと意識して保湿を行いましょう。



また、かかとや足の裏などは、ワセリンなどで保護したあとに靴下をはいておくと効果的です。

乾燥肌にとって一番厳しい季節は冬ですが、一年を通して季節に応じた対策を行うことで、乾燥本番の季節にもしっかり対応することができる健康で調子のよい肌に保つことができます。

また、保湿にとって重要なことはクリームやローションなどの肌につける保湿剤だけでなく、肌を乾燥や紫外線から保護する服であることも覚えておいてください。長期間服に守られているお腹の部分は、手の甲などに比べるとずいぶんしっとりしてますし、キメもこまやかです。



野外で過ごす機会が多い方は、季節に関係なく紫外線対策を強化することも、乾燥対策の一つになります。