かかとガサガサを繰り返さないための正統派乾燥対策


乾燥肌のかかとガサガサ対策

乾燥肌のかかとガサガサ対策

夏はサンダルを履くときに、冬は乾燥でガサガサが気になるかかとですが、クリームをぬってもなかなか治らないという人が多いですね。

あたりまえですが、かかとも肌の一部です。顔や手と同じようにしていてもつるつるにはなりませんが、かといって皮膚を削り取るだけではかかとの皮膚は柔らかくなりません。

かかとのガサガサを繰り返す人に知ってほしい、かかとの正しいお手入れの知識をご紹介します。

かかとガサガサの正体は角質肥厚



かかとがガサガサになったりひび割れたりするのは、かかとの角質がぶ厚くなったから。

かかとには皮脂腺が少なく、いつも地面にあたって刺激されているため、角質肥厚が起こりやすいのです。

年齢を重ねると、特にそれまで積み重ねた刺激と皮脂分泌の低下で、若いころに比べるといっそう硬く分厚くなります。

対策としては保湿が一番なのですが、顔の保湿と同じでは効果がありません。

昔からあるかかとのガサガサ対策というと「軽石」などのやすりで削り取る方法を思い浮かべる方は多いですね。

ただ、軽石でこすって一瞬きれいになっても、またすぐにガサガサになる人は大勢います。

ガサガサになる→軽石で削る→またガサガサになる、とエンドレスで繰り返している間に、かかとの状態は硬く悪化してきます。

やすりや軽石を使わないで角質をとる



角質肥厚を解消するには古い角質を取ることが重要ですが、軽石ややすりなどでこすってもすぐに新しい角質がたまってしまいます。

皮膚を削り取ることによって、皮膚は「薄くなった」部分をカバーしようとするのです。

角質除去はどんなに多くても週1回までにとどめましょう。

かかとのお手入れをする前に入浴や足湯で肌の表面をしっかり柔らかくします。

肌をふやかすことで、よけいな角質だけを落としやすく準備するのです。

かかとがガサガサになる原因とは



そもそも、なぜかかとがガサガサになるのか大きく分けて2つの理由があります。

一つは「乾燥」、もうひとつは「肌の老化」です。

前述しましたが、かかとは体の全体重を支えている場所になるので、どうしてもほかの場所よりも皮膚への圧迫が大きくなります。

皮膚への圧迫が年齢の分だけ積み重なると、どうしても水分をキープすることが難しくなります。


露出と摩擦で乾燥してガサガサになる



夏場は素足で過ごすことが多くなりますが、やはり肌を露出している分水分は抜けやすい状態になっています。

また、肌が直接摩擦されることによって乾燥は一層進みます。

冬場に起こりやすいと思われがちなかかとの乾燥は、夏場の過ごし方にも原因があるのです。


意外と多い知られざる「かかと水虫」



かかとのガサガサの中には、乾燥ではなく水虫である場合があります。

いったんかかと水虫になると、長期間の治療が必要ですので、保湿してもガサガサが治らない場合は皮膚科に行くか、かかと水虫専用のクリームをつけることになります。

かかと水虫専用のクリームはロートなどより発売されていて、ドラッグストアなどでも買うことができます。

かかと水虫は、通常の水虫と同様に患部乾燥させることが重要です。

かかとを清潔に保つことと、薬を塗った後は靴下を履いておくことを習慣づけましょう。


一番効果がある正統派のかかとケアは保湿と靴下



かかとのガサガサには、専用のクリームや靴下が販売されていますが、ドラッグストアで売っているこってり系の保湿クリームと面の靴下で十分改善することができます。

特別なものを買っても短期間でやめてしまっては、すぐにガサガサが再発してしまいます。

お風呂上りにすぐに保湿して靴下をはく、という習慣をつけるだけで思っているよりも短期間できれいな状態になるのです。


かかとの保湿にぴったりな成分は尿素



かかとの保湿に良い成分は尿素です。ひび割れなどの症状に効果がありますが、皮膚が薄いと刺激になりやすいため、尿素入りのクリームはかかとのケアに使うのが最適です。

尿素の濃度はいろいろありますが、一般的には10%の濃度で十分です。

ただし、ひび割れがある程度よくなってきたら、尿素入りは終了して通常の保湿クリームを使うようにしましょう。

尿素には、皮膚の新陳代謝を促進する効果がありますが、必要以上に早めてしまうのは皮膚にとってよいことではありません。

一通りきれいな状態になったところで尿素の使用は終了しましょう。


かかと専用の靴下でおすすめ素材はシルク



個人差はありますが、寝る前に保湿クリームをぬって靴下でかかとを守っていれば、すぐに一定の効果が見られます。

寝るときに靴下をはくのが苦手だとか、暑くていつのまにか脱いでしまっているといった人には、つま先が開いたタイプのかかと専用の靴下がおすすめです。

かかと専用靴下といっても、分厚い素材でできた靴下や、普通の靴下のつま先だけないような薄いタイプなど、いろいろなタイプがあって、どれを選んだらいいのかわからないといった意見も多くみられます。

かかとのガサガサがひどい場合は、ぜひシルク素材を使ってみてください。

シルクは皮膚と同じたんぱく質でできていて、皮膚の弱い人や、アトピー性皮膚炎の人にも勧められている素材です。

また、シルクは汗を吸い取る吸湿性や放湿性に優れているので、汗をかきやすく湿気がたまりやすい足元にぴったりです。

同時に保湿性にも優れているので、乾燥肌におすすめの素材と言えます。

ただし、シルクはとても摩擦に弱い素材ですので、寝るときだけの専用として使うとよいです。

シルク以外にはチタンやゴムなどで保湿するかかと靴下もありますが、敏感肌やアレルギー体質の方は避けた方がよいです。

かかとの症状が軽い場合は、普通の綿の靴下のつま先部分を、はさみなどで切り取って使ってもよいですが、ほつれたりすることもあるので注意が必要です。


かかとピーリングをしたら1回できれいになる?



かかと専用のピーリングセットが一時期話題になりました。

ネットで売れているのはベイビーフットというシートタイプのピーリング剤で、60分貼り付けておくだけでかかとの表皮がぺろりと向けるというものです。

効果を感じた、という方が多いのですが、個人差があるものなので自分に合うかどうかは使ってみないとわかりません。

かかとの状態があまりにもひどいときは一度使ってみてもいいと思いますが、皮膚の再生を促すことに無理な力がかかるので、使用頻度は低くおさえておきましょう。



かかとのお手入れは気を抜くとすぐに元通りになってしまいます。

乾燥がひどいときは、朝夕2回の保湿クリームが基本のお手入れです。

当たり前ですが、肌を露出する季節だけでなく、一年を通してのお手入れがとても重要です。